「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

金メダルおめでとうございます。からのサスティナビリティ。

コラム 伝えたいこと

 大杉漣,ソナチネ,落陽,吉田拓郎,臼杵祝!金メダル!羽生結弦選手

平昌五輪。フィギュアスケート男子羽生結弦選手金メダルおめでとうございます。圧巻ですね。素晴らしい。それから小平選手。そしてパシュート女子団体。こちらおめでとうございます。メダルを取れた皆様、取れなかった皆様、応援に回った皆様、その一心不乱な打ち込みに頭が下がるばかりです。2020年東京も極めて明るい未来が見えてきそうです。

大杉漣,ソナチネ,落陽,吉田拓郎,臼杵

2020年スポーツの祭典が終わったならば。

華々しい宴が終わった後。我が国日本はどうなるのでしょうか?祝宴の後の現実。人口減のこの社会。日本経済というものは、どう考えても縮小傾向になりますよね。不動産関係もそれから先に見据える新しい何かが描けているわけでもありません。また中小企業に目を移すと、労働者不足が叫ばられ、事業状況は悪くないにしても、後継者不足で廃業などということも十分に起こりうるのではないでしょうか?

大杉漣,ソナチネ,落陽,吉田拓郎,臼杵

今日は大分県臼杵市にいます。

昨日臼杵城界隈でみた夕陽は、まさに落陽と呼ぶに相応しいものでした。ちょいと吉田拓郎が頭を過ぎりました。そして晩御飯食べていたら、大杉漣さん急逝のニュース。人の死とは分からないものですね。あまりにも突然。巨星墜つ。っていうことだったのでしょうか?

大杉漣,ソナチネ,落陽,吉田拓郎,臼杵

グローバルな戦いにローカルで戦うこと。

私はWEB業界に身をおくものです。もう10年以上グローバルという言葉と向き合ってきました。ちなみに海外製の製品、プロダクト、アプリケーションなどのソフトウェアを日本に適した形にしていくことを、ローカライズっていうたりします。それ以上の補足は長くなるんでやめておきます。そのグローバル社会で、さらに九州というローカルな地にいること。ハンディがありそうですけど、結局は何処にいても仕事ができるのは一緒なはずなので。此の地、福岡ならびに九州あたりで、ちゃんと生活が出来る労働環境を保ちつづけることが、我々経営者としての使命であり、こちらも併せて叫ばれていますサスティナビリティ。持続可能性なのかなと思います。終わらせちゃいけない。社員も会社も国民も。2020年以降の未来を末永く続かせるために、日々の仕事に邁進していく所存です。皆々様も次の世代にどのようなバトンを渡すのか?このスポーツの祭典を見ながら、なんか考えてみちゃったりされてみてください。暮らすにはいいけどね。仕事がね。的なことにならないように。