「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

ビートルズの10000時間。

コラム 伝えたいこと

一生懸命,一所懸命,ビートルズ,ジョン,ポール,ジョージ,スチュアート・サトクリフ

「一生懸命」の元々は、「一所懸命」だったのをご存知だろうか?

鎌倉時代、“武士が賜った一カ所の領地を命がけで守り、それを生活の便りとして生きたこと”に由来している。字のごとく “一つの所”に命を懸けることだった。

これが、貨幣経済の時代に移り変わっていくうちに、領地がそれほど切実なものとは感じられなくなり、「所」ではなく「生」となり、「一生懸命」と表記されだしたというわけだ。命がけでやります。一生懸命やります。そんなことを軽々しく言う奴ほど、仕事への期待は薄い。一生懸命やるのを見たことない。

それは何故か?そういう輩に限って「一所懸命」が見つかってないからだ。仕事でも良い、家族でも良い、 “一つの所”に懸けることが見つかっていない者は、「一生懸命」になれるわけがないのである。

良く考えていただきたい。「一生もの」と呼ばれる作品は、“一つの所”に懸けることを見つけ出した職人の手によってのみ生まれている。「一生もの」は、「一所懸命」な人たちによってのみ創造されているではないか。「一所もの」こそ、ひとつの人生を懸けるに値するものなのである。

ビートルズが過ごした10000時間

例えば、ビートルズは、どのようにして一生もののステイタスを手に入れたのか?ジョン、ポール、ジョージと最初のドラマー・スチュアート・サトクリフがリバプールでグループを結成し、弱小バンドとして過ごした日々が約5年=演奏1万時間であると言われている。リバプールでの1万時間の「一所懸命」があってこそのビートルズなのである。「千日をもって鍛とし、万日をもっと錬とす」は、『五輪書』に記された言葉である。宮本武蔵の伝説は、千日の「一所懸命」から生まれている。

世間には、情報がいっぱいある。おいしい話しがゴロゴロしている。 “一つの所”に懸けることを見つけ出すのは難しい時代になった。だからこそ、1万時間を、千日を、懸けられる「一所もの」を早く見つけることをお薦めする。それこそが、「一生もの」の勝ち組になるための近道なのである。