「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

バレンタインデーにチョコ、あげますか

伝えたいこと コラム

もうすぐ2月14日ですが

バレンタイン,チョコ

バレンタインデー直前の休日ということで、昨日は祝日でしたが、商業施設などのチョコレート売り場は大変混雑していたようです。そのようなニュースも目にした方が多いのではないでしょうか。

バレンタインデーのチョコ、それをあげる相手にもブームがあるそうで、義理チョコが流行ったり、友チョコが流行ったりした時もありますが、今年は自分のために買う、ご褒美としての自分チョコが流行りだというのを何度か見聞きしました。しかもその場合、高級な、ちょっと良い商品が主流だとか?

自分に・・・なら買わないですけどね。と、思うかどうかは、人それぞれ。チョコレート大好き!という方なら、普段より圧倒的に種類が多くて、自分で食べたいものがたくさんあって、幸せな気持ちで選べる、楽しいイベントになるのかもしれません。でもご褒美だからこそ、別にチョコじゃなくても良いですよね。つまり好きなものを買うのがご褒美ですもんね。ということは、やはり自分へのチョコは、チョコ好きの方のためにあるんでしょうね。

バレンタインデー,チョコレート

ちなみに、職場ではどうでしょう

ところで、職場内でバレンタインデーを禁止する会社が出てきた、という話題も取り上げられていました。

基本的に、職場での義理チョコを廃止するため、という話のようです。大変個人的な見解ですが、素晴らしい話だと思いました。職場で義理チョコなんて、あげる方ももらう方も、本当に嬉しい人なんていないですよね?と思うかどうかも、やはり人それぞれなんですよね。職場の女性のタイプや、どのような職場環境なのかによるのですが、本当に楽しめる女性とか、男女ともにそのやり取りを心から必要と思っているであろう職場とかも、見たこともあります。

女性はチョコ購入のため義務的にお金を回収される。とか、男性がお返しをあげるのが当然となってしまうので負担だ。とか、その義務感、負担感が苦手なので、不要だと思うのですが、そういうのがむしろ好きな方もいるから、続いているのでしょうか。それにしても、禁止する会社では、それまでどのような状況で、何があって禁止になるのかは、ちょっと気になりますよね。