「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

福岡、熱中症に厳重警戒。

コラム 伝えたいこと

熱中症,福岡,エアコン,学校,行政,ヒートアイランド,冷房,

連日、気温が30度を超える日が続いていて、テレビでは救急搬送されたというニュースがよく流れています。日本気象協会では、福岡県の熱中症情報が5段階で表示れていて、上位の「危険」「厳重警戒」のマークが。昔は、こんなに暑くなくて扇風機だけで過ごせていたのに、最近は冷房がないとキツいですね。外に出て何かしていると1時間程度で真っ赤になり日焼けしてしまうほどです。

平均気温が3.1度上昇

気象庁が2018年6月26日に公開した「ヒートアイランド監視報告2017」年になると、福岡ではこの100年間の間に年間での平均気温3. 1度上がっています。上がり始めたのは高度成長期の1950年後半から1970年代の間に特にあがり、熱中症になるリスクも上がっているそうです。都市化によりコンクリートの建造物やアスファルトの地面が増え、温まりやすく冷めにくい特色を持つため夜になっても気温が落ちず、熱帯夜を引き起こす原因となっているそうです。(気象庁より

昔と今は環境が違う!!

昔は、学校にエアコンなんてなくて、下敷きで仰いでたのを覚えていますが、この連日の暑さで、学校へのエアコン設置に関する話があがっていますよね。特に最近は、学校で生徒が熱中症で搬送されたというニュースをよく耳にします。昔と今の環境が異なることを考えると、学校のエアコンの設置は必要なのかなと。子どもたちを熱中症から守るためにも行政の迅速な対応に期待したいですね。