「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

人間の種類が減ってきている!!!

コラム 伝えたいこと

ヨンキュープラス,中村修治,選挙,民主主義,政治,視聴率,

人はもっと多様な選択をしていいはずである。

禁止か禁止じゃないか。
反対か賛成か。
叩く側か叩かれる側か。
やるかやられるか。

マスコミは、どちらかを煽った方が視聴率が高くなることを知っている。人間の種類を減らした方が合理的なのである。視聴率15%の結果が大衆の答えだと言い切った方が、いろいろと好都合なのである。

アベノミクスを信任しますか?しませんか?選挙も同じ理屈である。全有権者のたった10%の得票が日本の総意になる。残りの90%の民意は、信任したという風に理解される。

反対でも賛成でもない。前を向きたいだけだという真ん中あたりのたくさんの種類の人たちは、黙殺されるのである。死に票が多過ぎる。選挙の意味がわからない。権力を持つ方と反対だけする方。日本の民主主義がドンドンわかりやすい方に動いている。政治に参加する人間の種類がますます減っていく。

野球反対の人たちが管理する野球禁止の公園には、野球反対の人たちだけが集まるようになる。そうしてこの公園は、いつか荒んでいくのである。この風景を美しいとは思えない。

みんなの意見だと言いながら、反対か賛成かを叫ぶだけの選挙運動には、もうほんとにウンザリである。公園は、みんなのものである。禁止を叫ぶ場ではない。人間は、もっと多様な選択ができるはずである!

ヨンキュープラスが応援したいのは、多様なおっさんやおばさんである。成功しているとも、成功していないとも言えない、ど真ん中の人たちである。どちらにも偏っていない多様なおっさんやおばさんなのである。