「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

いい日って、たくさんあります

コラム 伝えたいこと

11月だから「いい」んです

11月,いい日

SNSがあるからでしょうか、最近、今日は何の日です!と言っているのを見かけることが多くなったような気がします。画像とともに盛り上がってる日も、そうでない日もあります。

そこで今月気になるのが、11月になったら何でも「いい〇〇の日」になっていること。語呂合わせをしやすいのは間違いないですよね。11月22日が「いい夫婦の日」ということで、入籍をされる方が多いとは聞きますが、11月の日付での語呂合わせはいくらでも考えられそうです。例えば11月10日は、「いい友の日」であり「いい頭皮の日」でもあるそう。被ってもいいんですよね。昨日、11月7日は「いいおなかの日」だったりするそうで、昨日はお腹の画像をSNSに出している人などもいましたよ。

ちなみに、昨日の「いいおなかの日」は、ヨーグルト等の乳製品を食べてよいお腹にしよう、ということで作られたようです。それってお腹の中の話ですよね。でも、自慢の腹筋!みたいなお腹の見た目の画像を出している方もいたりして、「いい」という意味だけでもいろいろだと思いました。

せっかくなら、「いい」と思うこと、「いい」と思う日が多いほうが、楽しいし、本当に「いい」ですよね。いいと思えることが多いと幸せです。自分でいい日を作っても良いのかもしれません。

いい歯,いい歯の日,歯ブラシ,歯医者

ちなみに今日は「いい歯の日」

そんな話で11月8日は、これは想像できる範囲の語呂合わせですが「いい歯の日」です。

でも、そう言われると、そういえば最近歯医者に行っていないな・・・なんて思いますよね。歯のことを思い出したから、歯医者の検診を予約しようとか。ちょっと今日は丁寧に歯を磨いてみるとか。歯ブラシを変えてみるとか。そういうことをしてみる気分になる方も、いるのではないかと思います。

少し、気にしてみるというのも、きっかけが必要です。何もないと何も意識しないで過ぎて行きます。そう思うと、今日は何の日?なんていうのも、ちょっとしたきっかけとして、良いものですね。だからこそ、こんなにたくさん作られているのでしょうか。少し強引な語呂合わせでも、それでよいのかもしれません。