「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

今季初のインフルエンザ

コラム 伝えたいこと

インフルエンザ,福岡,A型,接触感染,風邪,学級閉鎖

酷暑と言われた夏から気温も下がってきて、体調を崩されている方いませんか。今日、福岡で今季初めてインフルエンザで学級閉鎖になった学校もあるそうです。なんでも過去10年で最も早い学級閉鎖ということでニュースにもなっています。

インフルエンザ,福岡,A型,接触感染,風邪,学級閉鎖

インフルエンザって怖い

風邪とよく似た症状がありますが、風邪とインフルエンザって症状が少し違うんですよ。インフルエンザは38度以上の発熱、関節痛などがおこり、急激に発症します。流行の時期は、12月から3月。それに対して、風邪は比較的ゆっくり発症して年間を通して発症します。特に季節の変わりめや疲れているときなどにおこることが多いといいます。

インフルエンザにかかっても軽症ですむ人もいますが、中には肺炎、脳症など併発して重症化してしまう方もいらっしゃいますので、症状が出たらすぐに病院に行かれてくださいね。

インフルエンザ,福岡,A型,接触感染,風邪,学級閉鎖

日常で出来る予防

まずは規則正しい生活をして体調を整え抵抗力をつけることが大切です。また外出後の手洗いで接触感染の感染を防ぎ、うがいで口の中を洗浄しましょう。また、よくこまめに水分を取ると風邪予防になるといいますが、喉や気管などの粘膜の「線毛」の乾燥を防ぐことで菌が侵入しにくくなるそうですよ。

今回、学級閉鎖になった学校ではインフルエンザA型だったそうです。予防することに早いことはありません。日頃から十分な栄養と休息をとり、今から予防に努めたいですね。