「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

天の声、中村修治に分析されてたまるか!花田の自己分析

コラム 伝えたいこと

天の声,中村修治,GW,深夜番組,福岡,花田伸二,BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA,高田純次,

通販番組ではなくトークバラエティに。

昨年10月より「花田伸二のヨンキュープラス」なる深夜番組がスタートした。番組を始めるにあたってはいろんな経緯があった。そもそもは「他にないおもろい通販番組」という算段であった。そのつもりでスタートしたんだが、トークバラエティーですよ!って局からの指示が・・・。スポンサーの “天の声”の橋口氏曰く、「え~~~~っ!ぼく、なんでバラエティーにこんなにお金出してんですかね???・・・、まっ、いっかぁ。」ここがスゴイところである。2秒後に「まっ、いっかぁ。」である。根底から事業モデルが覆ったのに、局の部長もいい人だし、ディレクターさんもいい人だし、って、あんたが一番いい人じゃん!と思うわけである。

天の声,中村修治,GW,深夜番組,福岡,花田伸二,BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA,高田純次,

天の声、中村修治氏に花田伸二が物申す

そんなハッシー(橋口氏)が先日「花田伸二とかけまして舟唄とときます。その心は。」というコラムを書きやがった。ざっくり言うと、私の自由奔放な非常識的なエピソードと、私がいい人だという評価を鑑みて、7か月目にして「どうでもいい番組を目指す」という方向性が決まった、という内容なのだ。

その前の盟友・中村修治のコラムの内容も、「花田伸二は、福岡の高田純二である。」という、いかにも、ちゃらんぽらんオヤジの代表格みたいに書きやがって、しまいにゃ「自分探しをやめちまったオッさん」扱いの末に、私をスターだと・・。

どいつもこいつもわかっていない!!!

私は遮二無二、自分を探し回っているし、「どうでもいい」的な考えもさらさらない!!!本人的にはGWの休み中でも、今期の売上のことや会社の将来、新規オープンした店のこと、共同経営している店のメニュー改訂のことなど、真剣に考えているのだよ、諸君!

ただ、人よりは考える時間が短いかもしれない。すぐにほかのことを考えてしまう癖がある。集中力が長続きしないように思える。なるほど、体力に原因があるのだ。体力の低下が、気力の持久力を低下させているのだ!ジムに通った。汗を流した。サウナにも入った。気持ちいい。海辺の自宅へ戻る。冷蔵庫前でプシュッ。飲まずにはいられない。ビールがとびっきり旨いではないか。しかも、疲労困憊ですぐに眠ってしまう。しかたない、GWだし、明けてから熟考しよう。・・・、結局は旨いビールを飲むためのジム通いである。くそ、“高田伸二”に改名したほうが潔いのか・・・。