「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

2018年の十五夜は9月24日

コラム 伝えたいこと

十五夜,ススキ,団子,うさぎ,満月,収穫祭,今昔物語集,貴族,小さい頃、月の中でうさぎがお餅つきをしているという話を聞いたことありませんか。この時期、外に出て満月をみるとふとそんな話を思い出します。特に中秋の名月「十五夜」は月がとても綺麗に見え、お月見には最適です。2018年の十五夜は9月24日(月)とのこと。

十五夜の歴史

縄文時代には「月を愛でる」風習があり、十五夜の月見が盛んになったのは平安時代。月を見ながら酒を酌み交わし、和歌の題材にも良く使われ宮中では詩歌や管弦に親しむ風流な催しでした。貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でていたそうです。楽しみ方が風流で趣深いですよね。

庶民が十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代に入ってから。ただ、貴族と違って庶民の間では十五夜の時期が稲の収穫が始まる時期ということもあり、収穫祭や初穂祭の意味合いが大きかったと言われています。庶民にとっては無事に収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日だったんですね。

十五夜,ススキ,団子,うさぎ,満月,収穫祭,今昔物語集,貴族,お供え物

お月見と言えば、ススキと団子を飾るイメージがありますが、それにも理由があるんです。ススキは秋の七草の1つで、魔除けになるという意味があり、丸い団子は月に見立てて感謝の気持ちを表すものだったのです。団子の数は15個で、よくビラミッドのように積んだ絵が書かれていますが、一番上の団子が霊界との架け橋になると考えられていたようです。また昔は、十五夜の時期が里芋の収穫時期だということもあり団子の代わりに里芋を供え、収穫を祝っていたとも言われています。

十五夜,ススキ,団子,うさぎ,満月,収穫祭,今昔物語集,貴族,

月うさぎ伝説

ウキペディアによるとインドに伝わる仏教説が日本に伝えられ「今昔物語集」などでも多く語られているそうです。その内容は、猿、狐、兎の3匹が倒れている老人を助けるために猿は木の実を、狐は魚を食料としてあげました。兎は、何も採ってくることができず自らの身を食料として捧げました。その姿を見た老人は、兎の捨て身の慈悲の行いを後世まで伝えるために月へと昇らせたと言われています。

十五夜って、詳しくみてみると知らないことばかり。今年の十五夜はまた違う思いで月を眺められそうです。今年も綺麗な満月が見れるといいですね。