「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

花粉症の方に朗報!

コラム 伝えたいこと

深夜番組,TNC,花粉症,スギ,ヒノキ,福岡,2018,ケン坊田中,

花粉ジーズンがスタート。

西日本の一部でスギ花粉の飛散開始したそうです。これからの時期、どんどん花粉の飛散が酷くなり、悩まされる方も多いですよね。現在、日本人の4人に1人が花粉症と言われています。そして、花粉症患者の割合も増加しているといいます。その原因の1つに、スギやヒノキの植林が増えたことがあげられます。戦後の高度経済成長の際に、国策として早く育ちやすいスギやヒノキが大量に植林されました。それに平行して日本では木材の輸入自由化が開始します。その後、海外の安価な木材が入ってくるようになり、日本の林業が衰退。今では伐採期を迎えた木も切られることなく、大量に放置され続けています。その結果、今では花粉症は国民病と言われるようになったそうです。

深夜番組,TNC,花粉症,スギ,ヒノキ,福岡,2018,ケン坊田中,

花粉症の4大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが挙げられます。対策としてマスクの装着、処方薬の使用だけでなく、食材まで気をつけている方もいます。

深夜番組,TNC,花粉症,スギ,ヒノキ,福岡,2018,ケン坊田中,

花粉症の方には嬉しいニュース

福岡の花粉のピーク時期は、スギ花粉は2月下旬から3月下旬。その後、ヒノキ花粉のピークが3月下旬~4月上旬となる予想だ。ただ今年は花粉飛散予測で、福岡は前年よりも花粉の飛ぶ量が少ないそうです(日本気象協会より)。

花粉飛散が少ない年と多いの違いは。。

ちょっと疑問に思ってしらべてみると、飛散量は、気温、日照時間、夏の降水量の気象条件が大きく関係しているそうなんです。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉飛散量が多くなると。でも自然界のことで、どうしようもないので、対策で工夫。

深夜番組,TNC,花粉症,スギ,ヒノキ,福岡,2018,ケン坊田中,

ポイントは鼻や目に付着しないようにすること

花粉がつかないようにマスクをしたり、メガネをつけて目に入らないように気をつけると違うようです。今は、花粉症用メガネもあるそうですよ。他にも日頃身につけているコートなどは、花粉症がつきにくいいものにして、家に入る前に落として入るなど家の中に持ち込まないようにすると◎。私もこの時期、家に帰るといつも玄関で叩いてコートは玄関に掛けるようにしています。あとは、空気清浄機をいつもつけて対策しています。

花粉症のみなさん、花粉量少なくても対策は忘れずに。