「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

日本の風習「鯉のぼり」

コラム 伝えたいこと

鯉のぼり,節句,こどもの日,GW,菖蒲,男子,大型連休,江戸時代,

大人になると5月5日が「こどもの日」ということよりも「ゴールデンウィーク」という言葉が先行して、「こどもの日」であることを忘れがち。でも、庭で色とりどりの鯉のぼりをあげているのを見かけると小さい頃に親と一緒にあげていたのを思い出します。

鯉のぼり,節句,こどもの日,GW,菖蒲,男子,大型連休,江戸時代,

「こどもの日」って、何を祝うのか。

古来から端午の節句として、男子の健やかやな成長を願う行事として行われきたのは、皆さんご存知だと思います。でも、それだけではなかったんです。祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨だそうです。そのため、本来は男の子のお祝いでしたが、今では子供たちみんなをお祝いし「母に感謝する」という意味もあるのだそうです。

鯉のぼり,節句,こどもの日,GW,菖蒲,男子,大型連休,江戸時代,

鯉のぼりを飾る理由

鯉のぼりを飾る風習は江戸時代より始まったと言われています。もともとは中国で厄払いのために門に菖蒲をかけたり、菖蒲をつけたお酒を飲んだりしていたそうです。それが、日本では「菖蒲(しょうぶ)」の読み方が「尚武(武勇を重んじること)」と同じことから、男の子の行事として広まりました。

もともと日本では武家に男の子が誕生すると玄関先に家紋付きの幟(のぼり)を立てて祝うと風習がありました。しかし、町人は武家のように幟を立てることができなかったので、武家に対抗して裕福な庶民が幟の代わりに吹流しに鯉の絵を描くようになったのが始まりだと言われています。この「鯉」には、元気に成長してほしい、我が子の立身出世を願う思いなどが込められているそうです。

鯉のぼりの数が変化している!?

鯉のぼりが誕生した江戸時代、息子の立身出世を願う意味で真鯉(息子)1匹のみでしたが、明治時代から昭和中期では家長制度が根付いていたことより真鯉(父)、緋鯉(息子)の2匹へ。そして、昭和中期以降は女性の社会進出などの家族の価値観が変わり真鯉(父)、緋鯉(母)、子鯉(息子)の3匹へと変わってきているようです。(にっぽん洒落者帖より)時代の背景により日本の風習も進化し、そして今後も受け継がれていくんでしょうね。