「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

紅葉、始まってます

コラム 伝えたいこと

朝晩冷えるので

紅葉,もみじ,色づき,色づきはじめ

涼しくなりましたね。というか、朝や夜は寒いくらいの時もありますね。

街路樹や、街の向こうに見える山などの景色も、結構色付いています。

街路樹は、樹木の種類によるのか、植え方によるのか、わかりませんが、紅葉が早いように感じます。普通に街中を歩いていたり、車を運転したりしているだけで、「あれ?あの木、もうあんなに赤いんだ?」と思ったりしませんか。

福岡の紅葉スポットと言われるところも、紅葉情報では「色づきはじめ」のように表現されているものが多くなったようです。これが「見頃」になってから、あっという間に枯れはじめてしまったりしますよね。見頃を待ちたい気もするのですが、色付きはじめの紅葉はとても綺麗ですので、そろそろ紅葉を見にお出かけもオススメです。ひとつの樹でも、高いところだけ葉が赤くて、下の方は青くて、という時には、そのコントラストが大変美しいです。背景が青空だと、特に素敵です。

博多ライトアップ,承天寺,石庭

お寺の庭の紅葉とライトアップ

先日、「千年煌夜」と名付けられている、博多旧市街の寺社のライトアップを見ました。

特に「承天寺」のお庭が素敵ですよね。見に行かれた方もいると思いますが、石庭を照らす光の色が時間で変わり、赤系になったり青系になったり、その間は暗くしたり。この石庭の模様や、照明は年ごとに変わるようで、以前見た石庭とはまた雰囲気が異なっていました。全体が波打つような模様にしたり、円が並ぶような模様にしたり。次回はどのような模様なのでしょう。

こちらのライトアップイベントも、照らされる寺社の庭などが綺麗に紅葉している時もあれば、全くはじまっていなく、緑!!という時もあるようです。紅葉時のイベントを狙うのも難しいのかもしれません。でも今年の、「承天寺」をはじめとするライトアップされたお庭は、なかなか素敵な色づきはじめ、といった様子でした。このイベントでは、紅葉していなくても、赤系の照明で紅葉して見えるものもあるのですが、やっぱり本当に紅葉している時が、一番綺麗だと思いました。

今年見ていない方は、このイベントもまた、次の機会に行かれてはいかがでしょう。