「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

ミュージカル「舞妓はレディ」制作発表

コラム 伝えたいこと

博多座3月公演ミュージカル「舞妓はレディ」

博多座,舞妓はレディ,テレビ西日本,TNC,唯月ふうか,榊原郁恵,平方元基,周防正行,

来年3月に博多座で上演される待望のミュージカルが、「舞妓はレディ」。その制作発表が、12月13日、約600人の一般客の前で盛大に行われた。ミュージカル「舞妓はレディ」は、「Shall weダンス?」など数々の名作を手掛ける周防正行監督の大ヒット映画「舞妓はレディ」を、博多座初のオリジナル作品として舞台化。今回のような舞台上での制作発表も初の試みだという。

 

大歓声のなか祭壇したのは、舞妓を目指す少女・春子役で博多座史上最年少の主演女優となる唯月ふうかさん、榊原郁恵さん、平方元基さん、周防正行監督、演出家・寺﨑秀臣さん。

博多座,舞妓はレディ,テレビ西日本,TNC,唯月ふうか,榊原郁恵,平方元基,周防正行,

「博多座さんから舞台でミュージカル化したいという話をいただき、映画としてつくった作品を、舞台でミュージカルとして表現していただくことは、大変光栄に感じています。どんな舞台になるかワクワクしています」と周防監督。

 

舞台演出を手掛ける寺崎さんは、「この映画を拝見した時に、ミュージカルを演出している人間としては、非常にやられたというか、これは参ったという衝撃を受けました。ミュージカルは海外の作品を題材にすることが多いのですが、日本のテーマを、さらに日本を代表とする京都で暮らす人々を題材に、ミュージカル映画を生み出したことに驚きとジェラシーを強く感じました。映画とは一味違ったミュージカルになればと思います。何度も舞台を見たくなるような作品に仕上げ、この博多座から、いずれ、東京、大阪、名古屋、そして世界へと進出できたら嬉しいです」と話すと、会場から拍手が起こった。

 

主人公の春子役を演じる唯月さんは、「映画を見た時に、春子ちゃん頑張れと思わず応援したくなりましたので、この舞台をみたみなさんから応援してもらえるように、一生懸命心を込めて春子ちゃんを演じていきます」と意気込んだ。

博多座,舞妓はレディ,テレビ西日本,TNC,唯月ふうか,榊原郁恵,平方元基,周防正行,

「はじめての博多座でしかも久しぶりのミュージカルということで、とても緊張しています。春子ちゃんを温かく見守れる千春役をしっかりと演じられるよう頑張りますので、みなさんに楽しみにしていただきたいです」と話すのは榊原郁恵さん。また、福岡出身の平方元基さんは、「京都は好きでよく遊びに行きます。新たな京都の一面をひとつひとつ正確に原作に忠実に紐解いていきたいです。みなさんと一緒に楽しみながら舞台を演じていきたいです」と話した。

博多座,舞妓はレディ,テレビ西日本,TNC,唯月ふうか,榊原郁恵,平方元基,周防正行,

博多座,舞妓はレディ,テレビ西日本,TNC,唯月ふうか,榊原郁恵,平方元基,周防正行,

その後、会場では、唯月さんがテーマ曲『舞妓はレディ』を披露。最後は、歌の一節を会場みんなで踊り大いに盛り上がりを見せた。公演は来年3月4日(日)~20日(火)。1月13日(土)午前10時から、電話予約とインターネットで発売開始する。

 

博多座3月公演「舞妓はレディ」

公演日:2018年3月4日(日)〜20日(火)

チケット販売開始:1月13日(土)午前10時〜

公演会場:博多座