「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

今日は月が大きく見えそうです

伝えたいこと コラム

本日、スーパームーン・・・らしいです

月,スーパームーン,満月

昨日の夕方、月が丸くて大きいなぁと思ったんです。なので調べてみたら、今日がスーパームーンらしいです。ということは、とりあえず満月なんですよね。ではスーパームーンって何でしょう。

このスーパームーンという言葉、明確な定義はないみたいです。このような分野で疑問があるときに(自分は)よく見る、「国立天文台」のホームページを見てみました。「スーパームーン」という言葉は天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていません、と書かれています。月と、それを見ている私達の距離は一定ではありませんから、「特に近い」時、「とても大きく見える満月」の時がスーパームーンと言われていますが、定義がないというのは、どこからが「特に近い」なのか、というような線が決まっていないのですね。決まってもいいのにな、とは思いますが。

月,満月,スーパームーン

言葉って少し不思議です

それなのに天気予報、ニュースなどで「今日はスーパームーンです!」と言ったりしているのが、ちょっと不思議な気がします。誰でも言葉で自分以外の人に何かを伝えるものですが、それが多くの人が見たり聞いたりするものであるほど、言葉の使い方が実は難しい気がします。個人の考えとして言ったり書いたりするのはよいのですが、ちょっとしたことでも、「・・・なんです。」と断定するのは難しさがありますよね。

まあでも、それは置いておいて。今日の月との距離がかなり近いのは確かなようで、これならスーパームーンで間違いない!という雰囲気で伝えられるくらいに大きいみたいです。天候によりますが、見えそうでしたら見てみてください!

月までの距離から計算すると、最大の満月は、最小の満月に比べて、直径で約14%、面積で約30%大きいことがわかっているそうです。結構違いますよね。だから見てわかるのでしょうね。大きい満月が綺麗に見えるのであれば、まあ定義は問題ではないですね。それを楽しめばよいのかなと思います。