「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

日本人に刻まれたモラル

コラム 伝えたいこと

サッカー,ワールドカップ,W杯,ロシア,ブラジル,ゴミ拾い,サポーター,日本人,

日本代表サポーターのゴミ拾いを称賛

現在、ロシアでサッカー・ワールドカップが開催中ですが、2014年のブラジルでのワールドカップ同様、日本人サポータが試合後にゴミ拾いをおこなったことが話題になっています。しかも、今年は今までと少し違って、コロンビアサポーターも一緒にゴミ拾いを手伝ったというのです。そして、この試合の後に行なわれたセネガル対ポーランドの試合でも同じ光景が見られたと。日本人サポーターの行動で、世界の人たちの意識が変わっていき、世界に広がっていくって素敵なことですよね。

サッカー,ワールドカップ,W杯,ロシア,ブラジル,ゴミ拾い,サポーター,日本人,

日本人のモラルを高めるきっかけは、東京五輪

昔の日本の様子をテレビで見たことがありますが、今の日本から考えられないほど、路地や川、電車の中までゴミが散らかっていたようです。でも、1964年の東京五輪をきっかけに外国人の前で恥をかかないようにと意識が変わり、東京都が環境整備運動を始めたのだとか。ただ実状は、東京五輪後も日本人のモラルはあまり大きく改善されず、経済成長により日本人が海外旅行に行くようになり、陋習を海外に持ち込んだことで国外から様々な批判が寄せらたそうです。そこで日本人は、それを恥だと捉え、モラルを高めることを意識し始めたと。他国を見て、自国(自分)を見直すという点で、今回起きている現象と少し似ている気がします。日本もかつて他国からモラルを学び、今は実行することで他の国の人たちが見て実践しています。こういういい輪が広がるチャンスがあるのもワールドカップならではなんでしょうね。