「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

夜でも熱中症にご注意を

コラム 伝えたいこと

熱中症,総務省,夜間,水分補給,7月,8月,福岡,熱中症予防,

1週間で救急搬送された人が600人越え

総務省のデータによると先週の1週間で、熱中症による救急搬送された人は667人もいて、福岡でも32人の方がかかったそうです。誰もが熱中症って昼間に起こると思いがちですが、最近、夜間に熱中症を発症する人が多いとテレビで言っていました。なんでも午前中から午後までの日射量がコンクリートの壁に蓄積され、時間差をもって室内に導いていることが原因のようなんです。コンクリートは、温まりにくく、冷めにくい材質で、夜になると温まった熱が時間をかけて、ゆっくり室内側に伝わっていくと。屋内にいるからと安心できないですね。

熱中症,総務省,夜間,水分補給,7月,8月,福岡,熱中症予防,

熱中症予防

総務省では、熱中症予防に次のようなことを呼びかけています。

・部屋の温度をこまめにチェック!

・室温28℃を超えないようにエアコンや扇風機を上手に使いましょう。

・喉がかわかなくても、こまめに水分補給!

・外出の際は、体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策!

・無理をせずに適度に休憩を!

・日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

熱中症,総務省,夜間,水分補給,7月,8月,福岡,熱中症予防,

これから7月、8月になり、更に気温が高くなりますので、皆さんも熱中症には気をつけてください。特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる7月は、体が暑さに慣れていないため、要注意です。熱中症は、湿度が高い場合や、風が弱い、日差しが強いなどの環境でも起こりやすなるそうです。みなさん、こまめな水分補給を心がけてくださいね。(政府広報オンラインより)