「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

ハラスメントとルールと不文律

コラム 伝えたいこと

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律属性が社長あてに届くDMに大廃業時代突入という文字が。

しばらく文章書くことができていませんでした。エージェントプラスは6月決算。バタバタと過ごしております。忙しいけど元気です。話は変わりますが、大航海時代ではなく、大廃業時代らしいです、このご時世。廃業ですからね、倒産じゃなく。会社が潰れるのではなく、自ら潰す。まあ確かに経営者であることの魅力が乏しい時代ですよ。リスクしかない。ハラスメントとかブラックとか。いい言われようが存在しないですね。会社経営にあたり。まあ会社というものは絶対悪なのかもしれません、これは昔からなのかもしれませんが。

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律

アントレだ、独立だ、起業だ。なんとかだ。

我々が就職活動していた時代は、超氷河期で有効求人倍率なんて今と比べ物にならないくらい悪く、公務員になるか、起業するか?そんな時代でした。そして、求人出している会社は、そういう学生心理を知ってか知らずかブラック企業みたいな会社がたくさんたくさん。有象無象。そんな時代を経て、今があるからブラック企業も悪くないし、ある程度の権限もたせて猪突猛進に進ませてもらえてたんだと。

人の3倍働いて2倍遊べ。みたいなムチャクチャなこと言われてましたんで。苦しかったけど、今となっては良き思い出です。その節は、諸先輩方、誠にありがとうございました。

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律

何でもかんでもルールにしようとする。その先にあるのは?

トイレに張り紙したり、オフィスに張り紙したり。ってすっごい頭悪そうで嫌なんですよね。書かなせんの?そう思います。でも今ってそんな時代ですよね?

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律

ピッチャー振りかぶって第一球投げました。あーっとデットボール。

このシチュエーション。まず、バッターがキレないのがモラル。帽子をとって謝るのがマナー。一塁に歩むのがルール。自分が守ることモラル。相手を思うことがマナー。そう習いました。野球のルールブックに書かれているのはデットボールの定義とその後の動きだけです。これがルール上に前述のモラルとマナー書かれていたら、ピッチャーが殺人になる行為を起こすかもしれないし、謝罪の意味合いの薄い所作になるかもしれません。そんなルールに価値がありますかね?

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律

校則なんてなくなればいいのに。

ちょうど尾崎豊がなくなったタイミングが反抗期だった。だからなのかわからないけど、この支配からの卒業とか。戦いからの卒業とか。盗んだバイクで走り出すとか。そしてそのタイミングで中学校が坊主じゃなくなり。なんかそういうのを争って勝ち取ったからこそ。ルールは破りたくなるし、ルールなんてそんなもんじゃないかなと。

大廃業時代,ハラスメント,ルール,モラル,マナー,経営者リスク,不文律

大廃業時代。リスクばかりの雇い主側に未来はあるのか?

きっとない気がする。でも、雇った以上は食わせていかないと。そしてやりたいことをするためには規模大きくしていかないと。だから従業員を純増で雇い続けないといけない。ホントその責務だけで、未来へと足を運ぶしかないんだな。悲しいかな。