「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

そろそろご準備を。

コラム 伝えたいこと

夏,お中元,西日本,東日本,時期,インターネット,習慣,日本,感謝,

もうお中元の時期ですね。お世話になった人に感謝の気持ちと健康を願って贈り物を送る習慣として、広く親しまれています。デパートに行くと、たくさんの商品が並べられていて、どれにしようか迷ってしまいます。

お中元って、場所によって贈る時期が違う

中元とは、もともとは道教の習俗の1つで、旧暦7月15日のこと。本来「お中元」は、お盆の行事の一環として、旧暦の7月15日(新暦8月15日)に送るものだったようです。ところで、西日本と東日本で贈る時期が違うことをご存知ですか。なんでも、東日本では旧暦7月15日に当てはめ、西日本では新暦に当てはめて行っているからだとか。そのため、東日本は7月1日~7月15日までに、西日本では7月中旬~8月15日までに贈るのが一般的と言われています。でも最近は、お中元の時期が早まっているようです。遅くなるよりも早めに配送する方がいいと思いからかもしれませんね。

引き継がれる日本の習慣

最近では、お店に足を運ばなくてもインターネットで注文することもでき、本当に便利ですよね。本来は、直接持参するのがマナーとされていたお中元ですが、いまでは配送が当たり前になっています。ネットや物流の発達により相手の手元に届く過程は変わってしましましたが、日本の習慣が守られています。でも年齢に関わらず、実際にお中元やお歳暮が必要ないと感じている方もいるようです。今後、どんな形でも人に感謝の気持ちを伝えるというのは持っていたいですね。