「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

傍若無人な入浴癖が、温泉ソムリエへ。

コラム 伝えたいこと

温泉ソムリエ,温泉,BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA,福間海岸,サーファー,宗像高校,福岡

福間海岸に新しくオープンさせた(家内が)「BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA」の“STAY”の方、いわゆる2Fの宿泊部屋で小さな宴を開いた。というのも、元はステラビーチカフェという店だったのを居抜きでお借りしているのだが、海辺のため潮風による痛みの修復などをサーファー仲間の友人たちに手伝ってもらっていたので、そのお礼もかねていた。

 

私を誰も敬ってくれない

海や水平線、夕陽がまさに眼前でテラス席にはゴージャスなソファーや水が張れるスペースや露天風呂のジャグジーなど、なかなかの設備なのだ。すべて借り物ですが・・。開始後、5時間経過夜の7時、ソファーでつい寝てしった私の顔に落書きするヤツやシャワーの音がするので何かと思ったら風呂に入っているヤツなど、誰も年上を敬おうとしない輩ばかりである。

温泉ソムリエ,温泉,BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA,福間海岸,サーファー,宗像高校,福岡

温泉好きでなく、実は風呂好き!?

それから宗像市役所に行った数日後、高校時代の同級生の女子のお兄さんから、「久しぶりやね~。」と声を掛けられて立ち話をしていたら、「そういえば、お前12年前の宗像高校の全体の同窓会の時10人くらいうちへきて、風呂に入ってたもんね~。ビックリしたぞ!」と。そういえば思い出した。初めて伺う女子(当時43歳?)の実家での行為に驚いたそうだ。今考えたら、よく人の家で風呂に入っていたようだ。

実は“温泉好き”じゃなく“風呂好き”なのだ。それが高じて温泉情報誌の編集長をしたり、温泉ソムリエを取得したりにつながっている。てことは、幼少期にお風呂がなくて銭湯通いしてからこそ、今の私が存在するのか!

勝手に風呂に入って「ここの風呂最高やね」って、傍若無人な行為をしていた後輩に教えられた現在の花田伸二形成論であった。