「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

酷暑の今、冷房病にはご注意を!!

コラム 伝えたいこと

熱中症,エアコン,クーラー,冷房病,クーラー病,症状,温度差,体温調整,

外に出るとムッと感じ、ちょっと歩くとすごい汗が。そんな時、冷房が効いた部屋に入ると気持ちよくて、出たくなくなりますよね。でも、待ってください!! みなさん、冷房病にはなってないですか。今年は熱中症対策でエアコンをつけることが推奨されていますが、体が温度差に耐えられずに参っていませんか。

熱中症,エアコン,クーラー,冷房病,クーラー病,症状,温度差,体温調整,

冷房病とは。

夏になると「冷房病」という言葉を度々聞きますよね。冷房病とは、屋外と屋内の寒暖差で自律神経がおかしくなり、体温調整ができない状態のことをいいます。主な症状としては、めまい、頭痛、冷え性、腹痛、食欲低下、下痢、生理不順、倦怠感、咳、鼻汁があるそうです。中でも温度差が10度以上になると要注意だそうですよ。血圧の急上昇がおきて血管事故のリスクが上がるのだとか。

熱中症,エアコン,クーラー,冷房病,クーラー病,症状,温度差,体温調整,

理想のエアコン設定温度は28度。

職場、店内、電車などの空調設定は自由にできないので、対策は欠かせません。冷房が効いている場所では、羽織りものを用意したり、スカーフなどを活用するのもいいかも!!あと、外が暑いとつい冷たいものを飲みたくなりますけど、体の外から冷やされた体には、常温のものを飲んだ方が体にはいいそうですよ。まだまだ暑い日が続くそうなので、熱中症と冷房病に気をつけてくださいね。