「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

七五三のお参り日和です

コラム 伝えたいこと

11月15日ですので

七五三,千歳飴,着物本日は福岡は快晴です。全国的にも、広範囲で晴れているようで、今日は七五三のお参り!という方々には喜ばしいですよね。神社はお参りのご家族で混んでいるのでしょうか。どちらかと言うと、なかなか平日に家族で揃うのが難しい場合も多いので、11月15日の直前の土日に、七五三のお参りで神社が大変混雑しています。

ちなみに福岡では、太宰府天満宮の混雑がすごいので驚きました。きちんと御祈祷を受けたいものの、待ち時間が長過ぎて諦める方も。何しろ、小さい子どもが着物で待つのは、本当に大変なことです。でも御祈祷を受けると頂けるお祝いセットに、千歳飴が入っていまして、子どもは千歳飴欲しい!とぐずったりして・・・

七五三,お参り,お祝い,着物何歳でやりますか

子どもが2歳になるくらいから、お母さん達の間で必ず、七五三どうする?と話題になります。特に3歳のお祝いについて、子ども本人は、どう考えても気にしていない年齢ですよね。イベントは親のためということは多いですが、七五三は特に親のためのイベントだと思います。着物はどうする?写真をどこで撮る?お参りと撮影は分ける?おじいちゃんおばあちゃんとのお食事は?とお母さん達の話は尽きませんが、七五三は子どもの健やかな成長をお祝いしお祈りするのですから、親が張り切るのも全く問題ありません。

最も話題になっている気がするのは、何歳で七五三をするのかということ。数え年か、満年齢かということですね。普段、年齢を言う時に、数え年を使う人を見かけたことはありません。昔は数え年だった、と言いますが、さすがに年齢と言えば満年齢になっていると思います。ですが、七五三だと何故か「数え年の方がいいかな・・・」という話に。文化って不思議ですよね。

3歳のお祝いを数え年ですると、2歳の時。2歳の子どもって、まだかなり小さいです。2歳と3歳の差は結構あります。だから迷うんでしょうね。小さい時の、何とも言えない可愛さを写真に残したい、でも着物で移動ができるのか、ぐずってしまったらどうしよう・・・という感じで頭を悩ませます。

子どもが大きくなってから考えれば、2歳も3歳も小さくて可愛くて、どちらでもいいと思えます。それでもいろいろ迷うのが子育て中。でもそうやって迷ったりすること自体が楽しいことなのではないでしょうか。