「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

サッカー日本代表に何が足りない?

コラム 伝えたいこと

「日本はよくやった」だけでいいのか

サッカー,W杯,日本代表,足りないもの

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16入り。

日本は、素晴らしかった。

ベルギー戦の敗戦後、ようやく落ち着いて書いている。

2−3で惜しくも敗れはしたものの、FIFAランク3位のベルギー相手だ。

チェルシーのアザールだぞ、マンチェスター・ユナイテッドのルカクだぞ、マンチェスター・シティのデブライネだぞ!

サッカー好きなら誰もが知る、世界に名だたる強者を土俵際まで追い詰めた。

ほんと、選手はよく頑張った。

見事である。

「よくやった」だけでは4年後、ベスト8に進めんよ

とは言え、「よくやった」で充満する日本列島に違和感も感じる。

大会前の日本代表の評判は最悪。

国民のサッカー熱はほどんど感じられず、あったとしても批判ばかりの空気だったのに。

それが、コロンビア戦勝利後の歴史に残る、手のひら返し。

今は「頑張った、頑張った」と称賛ばかりの声が聞こえる。

でも、「これからも日本サッカーを応援し続けるぞ」というにわかファンの声は聞こえない。

おそらく、これから国民のサッカー熱は冷めていき、4年後を待たなければなるまい。

そんな日本が、2022年のW杯カタール大会でベスト8入りができるのか。

われわれ国民がこのままでは、日本の立ち位置は変わらないんじゃないだろうか。

まだ世界の上位に入る資格が足りない日本

西野監督はベルギー戦の敗戦後、「何が足りないんでしょうね」という発言のあと、足りないものについて、「すべてだと思いますけど、わずかだと思います」という言葉を残している。

選手の実力もあるのかもしれない。

でも、プロ化(Jリーグ発足)から25年、4大会連続のW杯。

ベルギー戦を見てわかるように、日本サッカーの競技レベルは、世界の強豪に対しても、引けを取らないレベルまで来たのは事実だ。

一方で、4年に一度しか盛り上がらない国民。

陸上トラックがあるグラウンドでJリーグが行われ、サッカー専用スタジアムなんて、数えるほどしかない。

子どもたちがスライディングしても痛くない、芝生のサッカーグラウンドはまだ少ない。

世界トップレベルの国々と比較すれば、日本サッカーを取り巻くさまざまな環境が足りていない。

Jリーグを見よう、Jリーガーを応援しよう!

当たり前かもしれないけど、Jリーグが強くなれば、日本も強くなる。

Jリーグが盛り上がれば、日本のサッカーも盛り上がる。

サッカーを見る観客、グッズを買うサポーターが増え、Jリーグクラブが潤い、日本人Jリーガーも潤う(プロ野球選手並に稼いで欲しい)。

クラブが大金を手にすれば、すばらしいサッカー専用スタジアムもできるだろうし、子どもたちの育成施設も充実するだろう。

そうして育ったサッカー少年たちがJリーグで躍動し、いずれは海外に旅立ち、FCバルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドの主力選手として大活躍。

そして、日本のW杯優勝。

「キャプテン翼」のような世界だ。

でも、夢物語ではない。

かつて夢物語だった日本のW杯出場が、今や4大会連続でしょう?

毎年サッカーで盛り上がりましょ!

4年に1度と言わず、毎年サッカーで盛り上がる日本になったらいいなと思う。

日本全国どの都道府県にもサッカークラブはある。

福岡ならアビスパ福岡がある。

「おらがクラブ」を応援することが、日本サッカー強化につながっているのである。