「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

そだねーJAPANことカーリング女子に便乗して書いてみる。

コラム 伝えたいこと

カーリング女子,吉田知那美,北見市常呂町,アドヴィックス常呂カーリングホール,名言

平昌オリンピック終焉のときを迎えて1週間ですかね?いかがお過ごしでしょうか?次はパラリンピック。選ばれし皆様、ベストを尽くし、ご自身の満足いく結果が残せるといいですね。何事にもひたむきに目指すべきものに向かって進んでいく姿。見習いたいものです。

カーリング女子,吉田知那美,北見市常呂町,アドヴィックス常呂カーリングホール,名言

さて、本題です。そだねーっていう人増えましたね。

便乗したいと想います。そだねージャパンさんに、カーリング女子に。ということですが、なにせ見てないんで。書きようがない。残念無念。ただ、この言葉は痛切に心に残りました。

カーリング女子,吉田知那美,北見市常呂町,アドヴィックス常呂カーリングホール,名言

「この町、何もないよね。小さい頃はここにいたら夢は叶わないんじゃないかと思ってました。でも今は、この町じゃなきゃ夢は叶わなかったと思います」

に戻ってからの一言。素晴らしいですよね。地元でしか夢は叶わないって言わせるこの言葉。心射抜かれました。あたくし。

カーリング女子,吉田知那美,北見市常呂町,アドヴィックス常呂カーリングホール,名言

地方再生。とか、町おこし。とか。

なんか大義名分を片手に偉そうにされている方々。たくさんいらっしゃいますよね。でも、ホントにその街を信じているんかな?疑問です。だから、あたくしも鹿児島に八女になんやかんやとさせていただいていますが、自分にできることって雇用を生むことだなと。割り切ってやっています。そんな地方再生とか町おこしとかって使うレベルでもないなと。

私は無論、北見市常呂町のアドヴィックス常呂カーリングホールに伺ったことはございません。おそらくそんなに設備投資された最先端なものが用意されっていうこともないんじゃないかなと。思っております。でも、そこには夢があった。いい話ですよね。やっぱりその土地を信じないと。信じられる仲間がいる。先輩がいる。自分の故郷。真面目に誇りたいですね。