「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

七夕の行事食が「そうめん」!?

コラム 伝えたいこと

七夕,素麺,そうめん,織姫,索餅,7月7日,中国,行事食,

暑さで食欲がなくなるこの時期、すっと食べられるし、七夕伝説にもある織姫の織糸に見立てることもできるので、食卓も可愛くなりますね。それに、ご飯を作る側としても簡単で嬉しい食べ物。

実は、日頃から私たちが食べている「そうめん」は、1,000年も前から七夕の行事食として食べられていたそうです。もともと中国には7月7日にそうめんの原型といわれる索餅(さくべい:小麦粉を使ったお菓子)を食べると1年間無病息災で過ごせるという伝説があり、それが日本に伝わったのだとか。その他にも、そうめんを白い糸に見立て「七夕に芸妓(ハタ織り)が上達するように」、またそうめんを赤い糸に見立て「出会い(天の川での彦星と織姫の1年に1度のデート)がありますように」と願いを込めた説もあるそうです。実際に、全国乾麺共同組合連合会という乾麺メーカーの団体が昭和57年から「そうめんの日」に設定して、普及活動に取り組んでいます。全国で七夕にはそうめんが大売出しされているらしいですよ。

七夕にそうめんを食べる風習がみられるのは主に仙台を中心とした東北地方と北海道!?

地域によって7月7日に食べるものが違うようで、長野県では「ほうとう」、熊本県では「みょうが饅頭(みょうがの葉っぱに餡子入りの団子を包んで蒸したもの)、東北地方、北海道地域では「そうめん」を食べるそうですよ。私は、七夕にコレを食べる!!というのは今まで家で無かったのですが、みなさんはありますか。