「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

8月8日放送。着心地抜群!4万円からのオーダースーツ

コラム 伝えたいこと

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

オーダースーツにはしゃぐ3人

花田:なんか、七五三みたい。

中村:スーツ着るの30年振り。最後は福岡来る前の1989年。エグザイルの気分がわかった。

花田:何がエグザイルよ。

中村:斜めに立つ気分がわかる。エグザイルよ。

ケン坊:名前も入れていただいて。「スター★花田」、「企画屋」と。ザ・芸人という感じです。花田さんは南国のさとうきび農園オーナーみたい。サトウキビ作って儲かりましたみたいな。

花田:僕もスーツ10年振りぐらい。だいたいジャケットと短パンですから。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

安藤:かっこいいじゃないですか。なんかマフィアみたい。みんな。「ヤー」ってする。また、裏地がオシャレ。

花田:うちの実家が仕立て屋さんで。子どものころとか、ずっと仕立てのお洋服ばかり着ていた。貧乏やったけん、残りの生地でシャツも全部。

ケン坊:そういう時に色のセンスとか培われるんですよね。

中村:そもそもオシャレだよね。

花田:もともとアパレル業界ですから。下着の値付けしていましたから。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

安藤:乾杯しましょう。喜多屋の純米吟醸 山田錦 吟のさと夏酒です。先生のは、蔵内堂の氷雪甘酒 糀麹です。火入れしてないので。飲む点滴です。

みんな:美味しい。

ケン坊:スーツだから酔わない気がする。

花田:普通のジャケットと違う。着心地が。こんなの着たことない。スッとする。

ケン坊:自分の体形に合わせて作ってもらっているから。心地いい。

安藤:先生、恰幅がいいから似合う。

中村:今日のゲストは、このスーツを作っていただいた、株式会社タマアパレルの代表取締役渡邉聡さんです。

今日のテーマは・・・

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

俺たちのオーダースーツ

渡邊社長:先生のスーツは。ベストが一番大きいものでも入らなかったので、規格外。うちのスタッフが非常に仕上がりを心配していました。よかったです。こちらは、当社からのプレゼントです。

中村:この番組やっていてよかったて、はじめて思いました。

ケン坊:こんなかっこいいスーツ、はじめてですよ。この生地の軽さはすごいですね。

渡邊社長:ケン坊さんの生地は、イギリスの生地メーカーさんのものです。

花田:英国紳士の。イギリスはスーツ発祥ですからね。

渡邊社長:そうですね。スーツ生地がイギリスのものになりますので、ハリとかコシがありまして。仕立て映えがする。しわになりにくく、丈夫です。ああいった色もございますし、ビジネス向けのスーツもあります。

ケン坊:この青は、花田さんがケン坊これって。一目で気に入って。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

渡邊社長:裏地もオーダーなので、いろいろ選んでいただけます。花柄とかもたくさんあります。今は、ペーズリー柄、クラシックなこちらが人気です。ペーズリーは、もともと植物の柄だったような。僕ですね、もともと不動産の営業をしていまして、タマアパレルという会社なんですけども、親会社がタマホームさんでして。もともとタマホームの社員。2年ぐらい前からですね。いろいろありまして、この会社に来ました。今まさに、勉強中です。1985年から会社がありますので、職域販売、こういった会社の会議室やイベント会場に出向いてオーダースーツを売るのが主力の会社です。お店の名前はクロスジャケットで、8月からインポートオンリー3プライステーラーになります。私自身に細かい知識がまだまだございませんので。

安藤:社長のスーツ、オシャレ。

渡邊社長:このズボンの丈は、ある有名なメーカーのズボンを買って、それを真似て作りました。

中村:足が長いからいいよね。俺が着たら半ズボンみたいになるよ。

みんな:ははっははっははっはは。

ケン坊:ペーズリー出ました。ゾウリムシやミドリムシのような。もともとはイランが起源といわれ、インドに伝わったと。

渡邊社長:ありがとうございます。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

ケン坊:花田さんの生地は?

渡邊社長:花田さんの生地は、イタリアのブランド。素材がウールとリネン。

花田:肌触りが涼しげで。でもザラザラしてない。なめらか。

渡邊社長:今年はコロニアルカラー。茶色とか提案されているメーカーさんが多くて、流行りです。ダブルのジャケットがクラシック志向で流行ってきています。バブル時よりVゾーン狭くして。当時は4つボタンも流行っていました。

安藤:色が焼けとうけん、似合うと。

渡邊社長:先生の生地は、これもイタリアの生地です。ラテルという襟のカタチがピークドラペルという。ちょっと上を向いている。

ケン坊:こうやって、ひとつひとつ違うわけよ。仕立てる時に、これはどうしますって。ボタンまで。

安藤:先生の高そう。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

4万、5万、6万円のスリープライスでインポート生地でオーダー

渡邊社長:自分もはじめてオーダーを作ったのがこの会社だったんですが、生地がいっぱいかかっていて、重厚な感じで、買わないと帰れないじゃないかと。まず、生地を選んでって言われるんですね。生地を選んだら、採寸しますと。どんな形があるんですかと聞いたら、70前のお父さんが、私の任せてくれと。ちょっとこれは怖いなと思って頼まなかったんですが。この会社に来て、悪いイメージもあったんですが、いろいろ変えていったり、気軽に買えるように。そういうお店作りとか。今までは職域販売だけでやってきたんですが、天神のタマホームさんの2階でクロスジャケットとは別でお店を展開しています。もっと求めやすくわかりやすく、4万、5万、6万円のスリープライスでインポートの生地でオーダーできるという。

花田:僕らのいくらですか?ベストの料金は別なんですが、ケン坊さんが6万円、中村先生は4万円、花田さんも4万円。

みんな:えーっ。

花田:ケン坊が一番高い。ふざけんなよ。

渡邊社長:ケン坊さんのは、生地が高いんです。

みんな:あーっ。

安藤:中村先生、生地をいっぱい使っていても同じ値段なんですね。

ケン坊:僕、10万円以上すると思っていました。

花田:僕、同じ生地で半ズボン作って。

ケン坊:インポートの生地でオーダーで4万から作ってしまおうと。本当に自分だけの1着。組合せは何万とある。

渡邊社長:まず生地を選んでいただいて、3タイプ用意していまして、採寸用のゲージを来ていただきながら微調整を。

ケン坊:上決めて下決めて、微調整して、ベスト作りますか、ボタンどうしますかって。ベストのカタチもいろいろありますしね。ポケットもどこに付けますかって。1個ですか2個ですか。自分のお気に入りの1着を作るのは楽しいよね。はじめて買ったスーツとか覚えています?

花田:バンのスーツ。昔の。

中村:いいスーツじゃないですか。

花田:成人式の時は、ダブルのグレーのチェックで。覚えていますよ。

みんな:へー。

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

ケン坊:20ぐらいの時、DCブランド全盛期で。高かった。5年ローン組んで、1週間後、サマーバーゲンはじまって、半額になっていた。

みんな:えーっ。

ケン坊:全部で12,3万でしたもんね。ほんと、色が選べていいですよね。若手の芸人に伝えておきます。

花田:芸人専門お店に。

渡邊社長:それはそれで、よろしくお願いいたします。

 

株式会社タマアパレル,渡邊聡,エグザイル,オーダースーツ,生地,インポートオンリー3プライステーラー,

 

インポートオンリー3プライステーラーでオーダースーツご注文の方

先着200名にネクタイ1本プレゼント 

8月31日(金)まで ※なくなり次第終了

福岡市中央区渡辺通5丁目2-25 タマビル天神2F