「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

今宵夜空を見上げ、七夕。

コラム

上を向いて歩こう,夜空ノムコウ,スガシカオ,花田伸二

 

夜空に広がる天の川。星の瞬き。

気がつくともう7月。2019年も折り返されました。あっという間。慌ただしい、忙しい。毎日超絶怒涛の日々。いつまで続くんだ。この日常。大変大変。そんな現実と向き合い続けていますが、皆様お元気でしょうか?

そして今宵は、なんと七夕。七夕の夜が晴れているのってなんか久しぶりな気がするんですけど、どうなんでしょうね。あんまり七夕が重要なイベントであった記憶はないですが、今宵は、夜空を見上げる気がします。なぜか。

 

上を向いて歩こう,夜空ノムコウ,スガシカオ,花田伸二

 

残酷なんだよね。現実。

最近、現実の厳しさを目の当たりにすることが多い。神様頼みますよーっていいたくなる事象の多いこと、多いこと。「はあー」とため息ついてしまいがち。だから上を向いて歩こう的な感じで、見上げたいのです。今宵の夜空。涙がこぼれないようにって。

 

上を向いて歩こう,夜空ノムコウ,スガシカオ,花田伸二

 

夜空ノムコウ、時系列の夜明けじゃない。夜空ノムコウ。

残念、無念、無残、残酷。この2文字群に支配される感情がここんとこ多いけど、改めて文字にすると気づいてしまった。残すのか無くすのか?どっちなんだい??あたしの想いは。。まあそんなことを浮かべながら、見た夜空。さらにその向こうにあるものに。あるひとに。ある神なりに。あたしはお伺いしたいね。この現実は受け止めるしかないんだろうね?と。

 

 

上を向いて歩こう,夜空ノムコウ,スガシカオ,花田伸二

 

七夕の夜が明ける。

今は何を言えばいいのか分からない。何もしてあげられない。無力さしか感じない。なにかしてあげられるなんて思うことが、おこがましいことなんだと思う。人間にできることなんて、あんまない。ちっぽけな人間だ。この先どうなるかなんて、誰にもわかりゃしないけど。どんな現実だろうと、決して屈しない生き様をしてゆきたい。そんなこんなで夜が明ける。