「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

梅の花の伝説

コラム 伝えたいこと

福岡,太宰府天満宮,菅原道真,深夜番組,ケン坊田中,ローカルタレント,

福岡でも梅の花が見ごろを迎えています。

梅の花が咲き始めると春に近づいているような感じがして、はるうららな感じがします。梅の原産国は、中国と言われており、西暦500年ごろに移入され、奈良時代から平安時代にかけて貴族が好んで庭に植えていたそうです。万葉集でも梅の花はよく取り上げられ、梅は春を待つ日本の縁起物でもあります。梅の花言葉は、「高潔」「忠誠」「忍耐」「優雅」「高貴」などとても日本らしい言葉があげられます。この花言葉の中の1つ「忠誠」は、ある平安時代の伝説から生まれた花言葉なのです。

福岡,太宰府天満宮,菅原道真,深夜番組,ケン坊田中,ローカルタレント,

学問の神様で有名な太宰府天満宮の天神さま(菅原道真公)が京都から太宰府に送られる時に、丹精込めて育てた梅との別れを惜しんでこんな歌を詠みました。

『東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ』

「春風が吹いたら、香りをその風に託して大宰府まで送り届けてくれ、梅の花よ。主人である私がいないからといって、春を忘れてはならないぞ。」と訳されています。左遷されるという状況で、相手を想いやることができる寛容な心、この歌から菅原道真公がどんな方なのか、想像できそうですね。

福岡,太宰府天満宮,菅原道真,深夜番組,ケン坊田中,ローカルタレント,

その後、太宰府に送られた菅原道真を追って梅の花が飛んできたと言われ「飛梅伝説(とびうめでんせつ)」と呼ばれるようになり、今も太宰府天満宮にその伝説の梅があるそうなんです。花言葉に、こんな伝説が含まれているなんてとても素敵ですよね。

 

太宰府天満宮では、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、日本有数の名所となっていますので、お時間ある方か是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか。福岡市内でも梅の花が見ごろを迎えているようです。ちょっと外を見渡すと綺麗な梅が見えるかもしれませんので、是非息抜きに。