「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

梅の花、咲いています

伝えたいこと コラム

そろそろ春ですね

梅,梅の花,春

2月って早いですよね。実際に日数が少ないのはわかっていますが、あっという間です。そろそろ2月も下旬になります。

今の時期、見たいものと言えば、梅の花だと思うんです。梅の花って素敵ですよね!まだ寒さが残る時期なのもあって、梅の花が咲いている風景って、上品で日本らしくて大変良いですよね。個人的には桜の花よりも、梅の花が綺麗だと思っています。

ということで、開花状況を見てみました。梅が素敵なことで有名な場所って、それほど多くない気もします。福岡でしたら、やっぱり太宰府天満宮が良いのではないでしょうか。どの季節に行っても違う良さがありますが、その中でも梅が咲き誇る風景を見たいですよね。

梅,太宰府天満宮,飛梅

太宰府天満宮の梅は、見頃です

今は、ちょうど見頃らしいですよ!

太宰府天満宮の梅は、約200種、約6,000本あるそうで、日本有数の梅の名所らしいですよ。すごいですね。

太宰府天満宮には、ご神木とされる「飛梅」をはじめ、早咲きの梅もありますが、本格的な境内の梅の見頃は2月中旬~3月中旬くらいとのこと。今は、飛梅の花もまだ残っているようです。梅って種類で咲く時期がずれていて、結構長い期間楽しめるのも素晴らしいです。桜の花の見頃があまりにも短いので・・・。その儚さが良いという話も、もちろんわかりますが。

桜の時期のお花見って、もうこの週末しかない!とか、土日に満開が来ないのでちょっと残念!とか、そういう数日単位での見頃問題がありますが、梅はそこまで限られてはいないですね。一週間遅れても、すっかり散ってしまった!とはならないようです。

でも、ちょうど今週末あたりがオススメなのではないでしょうか。梅の綺麗な時期の太宰府天満宮へ向かう混雑はなかなか大変です。参道ももちろんです。ですが、それでも行きたいものですね。いろいろなお祭りや催しもありますよ。2月25日は太宰府天満宮の天神さま(菅原道真公ですね)の命日ということで「梅花祭」があるそうですが、やはり「梅花」なのですね!