「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

「白いダイヤ」と呼ばれるシラスウナギが危ない

コラム 伝えたいこと

うなぎ,シラスウナギ,絶滅,蒲焼,天然,筑後川,久留米市,養殖,

ニホンウナギの稚魚を放流

先日、久留米市篠山町を流れる筑後川に体長20センチほどのニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」が放たれたそうです。実は、このニホンウナギ2014年にIUCN(国際自然保護連合)で絶滅のおそれのある野生生物のリストにのっています。減少の理由は、はっきり分かっていないのですが、海洋環境の変動、生息環境の悪化、稚魚のシラスウナギの過剰な漁獲などの様々な要因があると言われているようです。(日本生態学会誌より)

食卓からウナギが消える!?

昔は、うなぎ屋さんで比較的高価なうなぎを食べることが多かったそうですが、今ではスーパーで買えることで身近な食べ物になっている気がします。特に土用の丑の日が近づくと大量の蒲焼が並んでいるのをみます。そして、パッケージには「養殖」と書かれているのを見かけますが、うなぎの養殖って、天然のシラスウナギ(うなぎの稚魚)を使っているらしいんですよ。それで、稚魚の密漁も増えているようです。

昔から日本の食文化の1つとして親しまれているニホンウナギですが、「資源状態が悪く、漁法にも問題があり、購入を控えるのが好ましい」と言われているレベルなんです。世界でも和食ブームと言われている今、行政なども資源について消費者に現状を伝える努力をしたり、私たちも正しい情報を得て考えていくことが重要になってきているんだなと感じています。今回のうなぎの稚魚の放流、元気に育ってもらうためにも住みやすい環境を人間の手で作っていかないといけないですね。