「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

次の干支は、イノシシです

コラム 伝えたいこと

イノシシの赤ちゃんが、うり坊です

うり坊,イノシシ,干支

年賀状や、お正月用品、来年の飾り物などで、干支を目にすることが多くなる時期ですね。

来年の干支は、イノシシです。干支の動物でも、年賀状を初めとする絵や、飾り物、人形などで、とても可愛らしくなるものと、可愛らしくはならないものがありますよね。イノシシは、あまり可愛らしくない方だと勝手に思っていました。ですが、イノシシの絵や人形などを見ていると、うり坊と言われるイノシシの赤ちゃんをモチーフにしているものが、かなり多いです。これが大変可愛らしいんです!子どもに人気のあるキャラクターなどが、うり坊の衣装を被ったようなぬいぐるみもいろいろあるようです。

そこでうり坊の写真を見てみました。本当に可愛らしいです。大きくなったイノシシとは、全く雰囲気が異なります。背中の縞模様と全体的なシルエットが、確かに瓜に似ています。瓜に似ているからうり坊、という名称が、また可愛らしいです。イノシシは、畑を荒らしてしまったとか、あまり良くない話で出てきてしまいますが、うり坊を見るとイメージが変わりますね。福岡市でも野生のイノシシがいるようですが、ということはうり坊もいるのでしょうか。見られるなら見てみたいです。でも、もし野生のうり坊を見かけても、その場合お母さんイノシシが近くにいるわけだから、襲われないようにうり坊に近づいたらダメ、とも言われていますね。

うり坊,2019,十二支,イノシシ

イノシシって、干支の最後ですね

ところで、十二支というと、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」ですが、大人になってもこの漢字は難しいですね。普段使わないものが多く、残念ながら覚えていなかったりします。覚えやすいのは、読みだけですが、「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」でしょうか。この読み方で、リズム良く覚えている場合が多いようです。馬でなく午、羊でなく未、というあたり、普段使う動物の感じとは違うので、漢字で干支を見ても逆に何の動物だったかな?となります。亥はちょうど最後ですね。一周した感じを覚えたり、また12年たったのか、と思ったりすることも、ありそうです。