「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

バレンタイデーなんてクソだ!!!

コラム 伝えたいこと

ヨンキュープラス,バレンタイン,中村修治,ホワイトデー,チョコ

幸せは与え合うことではなく、「待つこと」「見守ること」

結婚式では、幸せを与え合うことを誓う。だから、失敗するのである。離婚が増えるのである。幸せにしてやるなんておこがましい。その「幸せ」が100%合致することなんて一瞬の刹那である。男と女は「根底的にズレたまま」なのである。

そのズレを埋めてくれるのは、互いに「待つこと」「見守ること」である。「いま幸せじゃない」「いま満足していない」と感じることでは決してない。この人となら「不幸でも笑っていられるかもしれない」と思えるから、待てるのである。遠くからでも見守ることができるのである。

もうすぐ、バレンタインデー。
チョコを、あげて、もらって・・・
ホワイトデーにもあげて、もらって・・・
実は、そんなところに「愛」がうまくいく秘訣はない。

愛とはどういうものか。

高校3年生の娘がつくる友チョコの出来損ないをありがたくいただきながら、ニコニコと見守ることができるオヤジになったからこそ言える!!!

自分の全部を与えられないことを身を持って知ることが「愛」なんだよ。それでもなお、何があっても笑わせてあげられるかを考えることができるかが「愛」というものなのだよ。