「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

あんたのいらん物は わしもいらん!

コラム 伝えたいこと

放射性廃棄物,フィンランド,オンカロ,核燃料,核,オルキルオト島

世界で唯一の最終処分場「オンカロ」

国家プロジェクトで放射性廃棄物の格納場所を決定し作業を進めている国がある。フィンランドである。「オンカロ」と呼ばれるその施設は、フィンランドのオルキルオト島に存在する。フィンランド語で「隠し場所」を意味する、世界で唯一の高レベル放射性廃棄物の最終処分場である。

「オンカロ」は、地下およそ520メートルの深さまでトンネルを掘り、そこから横穴を広げ放射性廃棄物を処分していくという。2020年までに運用を開始し、その後2120年頃までの100年間にわたり埋設処分に利用される予定となっており、100年後に施設が満杯になった後は、道を埋めて完全に封鎖する。

使用済み核燃料に含まれるプルトニウムの半減期は2万4000年。生物にとって安全なレベルまで放射能が下がるにはおよそ10万年の月日を要するという。それまでの間、10万年にわたって「オンカロ」は地下に封鎖され続ける。

「オンカロ」は廃棄されたものを無害なものに処理するとか、何かするというものではなく、安全に隔離し少しづつ放射性廃棄物の危険が弱くなっていくことを待っているだけ。ただそこに隠しておくだけの施設である。

あんたのいらん物は わしもいらん!ごもっともである。それであるなら自国で10万年隠し続ける物語をはじめる。語り継ぐことを前提として長期で問題解決をはじめる。清いと思う。

「オンカロ」に携わった学者たちは「不安定で地層処理のできない日本は、最終廃棄物処理場が作れない国だ」と述べたという。日本は、「あんたのいらん物は わしもいらん!」と言われ続けることを覚悟で核開発を進めたのか?せいぜい80年くらいしか生きられないひとりの人間の物語に、10万年は、あまりに永い。