「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

CDを買おうと思ったときにCDが買えないのである。このご時世。

コラム 伝えたいこと

福岡,cd,cdショップ,深夜番組,不振

ちょうど1年前までさかのぼる。八女での話。

新年早々ですが、時は2017年の1月。寒い日の昼下がり。八女での仕事を終えて、鹿児島に移動しようかなと思ったときに、ふとラジオからSMAPの曲が流れていました。そうです。2016年年末SMAPで盛り上がっていた時分です。で、あーSMAP偉大だったなとか。なんとなく若いとき聴いてたのとかもう1回聴いてみようかな?とか。そんな風にテンションが上り、CDを買おうと決意したのでした。レンタルでも良かったんですが、その当時の八女を訪れる頻度でいうと、返すのも面倒だなと思い。そして車の移動での距離とか考えると、どうしても今買いたいなと思いまして。Amazonで買うタイムラグが勿体無いなと思い。その時のお話です。

福岡,cd,cdショップ,深夜番組,不振

なんとCDが買えない!

まずコンビニですが、セブンイレブンさん。扱ってるのはブルーレイとかDVDなんですね。CDは置いてないんですよ。で、ブックオフさん。流石に売れ筋新品は売り切れているのか?ありませんでした。在庫がないときでしたもんね。で、まあ幹線道路沿いを車で探してみたんですが、CDショップってあんまりないんです。

あ、八女をdisるわけではございません。無論。探し方も粗いですし、多分あると思いますCD屋さん。ただCDが売れない時代。っていってるけど販売チャネル自体もうほぼないんじゃないの?っていうことをいいたいのと。やっぱりマーケティングって行き届いてて、売れないものというのにはシビアだなと再確認いたしました。

福岡,cd,cdショップ,深夜番組,不振  音楽を聴く行為って時代とともに変わっていますよね?

一枚目の写真がレコード。LPです。2枚めがCDです。このイメージを使うところが古めかしい時代の現れかもしれませんね。そしてiPodからはじまり、今はiTunes。ハードも変わるけどソフトも変わり、結果、音楽は無形のものとなりました。

TSUTAYAさんにGEOさん。このあたりのチェーンストア化されることによって、地場にあったレンタル店さんが淘汰されていると思います。結構ハイカラな名前で流行発信基地みたいな感じでどの街に行ってもありましたよね?僕は中学から小郡いましたんで、小郡でいえばTOM。まだあるのかな?なんかそういうお店に取材に行っても面白そうですね。

真空管アンプででっかいスピーカーあって。みたいな音楽の聞き方もヘッドフォンやイヤフォンで走りながら聴いたり、通勤通学で聴いたり。音楽を聴く空間も様変わりしてきましたね。

音楽っていうものはなくならないでしょうが、聴くっていう行為はこれからも目まぐるしく変わっていくのでしょうね。

福岡,cd,cdショップ,深夜番組,不振