「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

5月23日放送。ハラハラドキドキの八女祭企画

コラム 伝えたいこと

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

スター、高崎山の猿と目が合って、お尻を噛まれる!?

女将:今日のお酒は、薩摩焼酎・須美礼です。今まで1升瓶だったんですが、4合瓶出ました。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

ケン坊:そうそう、俺、救急車4回乗っています。最初は、2歳の時にソファーのヘリを走っていてそこから落ちて気絶して。

花田:俺も小学校4年生の時、高崎山の帰りがけの猿に用心しなさいよといわれていて、猿と目と目が合って、ドンとしたら、猿にお尻噛まれたと。

みんな:ははっははっははっは。

花田:それで、救急車。びっくりした。わんわん泣いて。

ケン坊:よく無事でここまで。

花田:痛いよ。もう血だらけだったもん。

ケン坊:なかなかの武勇伝ですね。

花田:今だったらお金がもらえているかも。

ケン坊:花田さん、ドンってするからいけないんですよ。

花田:本当にジーッとにらみ合ったので、ちょっとライバル心が。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

張り詰めた雰囲気…。八女商工会議所山口会頭との溝は埋まるのか

中村:今日は、せっかく恵比寿酒店に来たので、八女を活性化させようと。今日は、「あかりとちゃっぽんぽん」企画第2段ということで、八女商工会議所の山口隆一会頭に来ていただいています。

みんな:乾杯。ようこそいらっしゃいました。

花田:会長、この間、八女のイベントの会議をしたんですよ。

山口会頭:49プラスの中で、みなさんの祭り。本当にやるんですか?僕は冗談でしか聞いてなくて。サッパリ中身がわからないので、ずっと冗談だと思っていました。一応、場所だけは確保しましたよ。野外オンステージを。前は屋台ができますから。吉本のみなさんにもジャンジャン来ていただいて、飲み食いは全部無料で。屋台は、飲食店部隊というのがありますので、そこで全部段取りをして。

ケン坊:あとは、ステージ上で何をするか。

山口会頭:そうです。それが、問題なわけですよ。吉本さんが来ていただけるという話もチラチラあるし。

花田:僕らそんな話、微塵もしてない。

山口会頭:ゆるい話しかしていないんですが、そろそろ決めていかないと。予算も掛かる話ですから。

ケン坊:で、49歳以上のイベントというのが、何個が考えましたよね。

花田:考えましたよね。

中村:俺、言うの嫌だ。あのアイデア出したの、ケン坊やけん。

花田:違う、違う。

山口会頭:そんなことはどうでもよくて、具体的に何をしたいかというのを聞かせていただかないと、何ともいえないです。

中村:我々が考えたのは、49プラスでは、50歳以上の人たちを対象に何かをしたいと思っていたんですけれども、そうなると、テーマが健康とかになってしまうじゃないですか。そんなのは嫌だと。俺たちまだ若いので。で、みんなで考えたテーマが「アンチ天命」。50にして天命を知るというけど、俺たち天命を知らないと。「アンチ天命」というのをテーマにして、何か面白いことをやろうと言った時に、ケン坊がすごいアイデア出してくれたんです。

ケン坊:老眼鏡とかに頼るんじゃなくね、みんな老眼鏡を捨てようよ、1回。で、それを投げて飛距離を競ったらどうだろうと。老眼鏡投げ大会。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

山口会頭:・・・・・。

花田:会頭、僕も気持ちわかります。会頭の気持ち、痛いほどわかります。

ケン坊:これをきっかけに、前向きな。

山口会頭:そんなことやって、どれくらいの時間もつんですか。半日ぐらいやっていますから、半日もつかと。

ケン坊:あと、ズラ飛ばしでもいいですよ。

山口会頭:そういう企画に金は出せないですね。一応、予算は組む予定にしているんですけれども。僕は、ローカルでエレガンスな祭りにしたいんですよね。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

ちょっと一息。アイ・エム・ビー㈱の岩田眞人社長から舞茸とバイリングの差し入れ

中村:食が出てきました。一番はじめにゲストに来ていただいたアイ・エム・ビー株式会社の岩田眞人社長から、舞茸とバイリングというキノコのバター醤油炒め。これが、バイリング(白霊茸)、すごいですね。舞茸は、踊りだすぐらい美味しいいってことから、舞茸と言われるようになったんだよ。

みんな:美味しい。歯ごたえもコリコリしてる。お肉にもパスタにも何にでも合いそうですね。

ケン坊:松茸をつくるともおっしゃっていましたね。

中村:まだ研究中だけど。難しいらしいから。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

話は戻って、八女「あかりとちゃっぽんぽん」。テーマはローカルでエレガンス

花田:やぐらを組んで、ミラーボールをつけて、ディスコとかどうですか。

山口会頭:何の制約もありませんから、勝手にやっていただいて結構です。ただ、テーマがローカルでエレガンスですから。

中村:エレガンスなプラン出さないかん。

ケン坊:八女の盆踊りの歌とか踊りとかってあるんですか?

山口会頭:知りません。提灯と竹灯は、夕暮れ時に1000とか2000。これから詳細を決めていきます。この前の通り500mに竹灯が。

ケン坊:聖火リレーのように点灯して行って、全部つけ終わったらお祭りがはじまるみたいな。

山口会頭:それを吉本の芸人さんにやってもらうと、すごくいいんですけどね。

ケン坊:かしこまりました。地元の人も取り込みながら。

山口会頭:吉本の芸人さんにやってもらうと、すごく助かるんですけどね。

ケン坊:かしこまりました。地元の人たちでやって、最後に会頭が点灯するとか。

山口会頭:我々は影ですからね。裏方なので。

ケン坊:最後、聖火台みたいなところに一番大きなものに点灯して。

安藤:地元の小学校の子たちも参加すると盛り上がりますよね。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

山口会頭:しっかり遊んでいただいて結構ですので、詳細は問いません。お祭りは2日間ありますので、土曜日は吉本の若い芸人さんで、3時から9時ぐらいステージを持っていただいて、日曜は、大人の50歳以上のイベントみたいな感じで土曜日曜をやっていただけると、すごくありがたい。土曜の夜はお寺でクラシックのカルテットをやるように準備しているので。ものすごく品がいいんですよ。

中村:俺たち、考えを新たにしなきゃいけない。

花田:ほんとやん。ちょっと違った。

中村:欲望に正直に行こうって、ちょっとそこ抑えないかん。

山口会頭:それ、悪くないですけどね。

ケン坊:お互い、歩みよってね。

花田:雑魚寝祭りとか。今の若い人たちは雑魚寝をしないので。雑魚寝を楽しむみたいな。

山口会頭:もしかしたら、間に合うかもしれません。銭湯でしたら。できるかもしれません。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

花田:喜多屋の木下斎営業部長も一緒にどうぞ。

山口会頭:ローカルでエレガントな大人な祭り。

中村:老眼鏡投げたり、カツラ投げたりはしない。

花田:どっちかというと、俺たやんちゃな企画を考えおった。

ケン坊:そもそも、私たち祭りのことを知らない。

木下部長:今聞いていたら、そう思ったんですよ。この前の通りを西のほうに400mいったところに、八女福島八幡宮があるんですよ。そこに奉納されている八女福島の燈籠人形が行われるんですよ。270年の歴史がある灯籠人形が「あかりとちゃっぽんぽんまつり」の中心なんですね。

山口会頭:国の指定ですからね。

木下部長:それだけで終わりでなくて、もうちょっと回遊してもらおうと。

中村:そういった文化度の高さをコンセプトにしたほうがいいみたいね。

山口会頭:そうなると心配ですね。みなさん方で大丈夫かなあと。そこがちょっと心配なんですよ。大丈夫かな。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

今までの流れを打ち消す、スターの真面目なアイデア。それ、いいです

花田:ちょっと切り替えらないかん。

木下部長:私は個人的にゆっくりした感じの流れが。

花田:僕の田舎では、夕暮れ時にバンコ(床)を立てて、おばちゃんたちがお茶を飲みながら話をしていたんですが、それをこの通りの家の軒先に全部出して、バンコバルとか。

山口会頭:いい企画。そういうのがいいんです。

花田:そこで1杯のお酒を飲むとか。

山口会頭:軒先を大事にするのはすごくいいです。

花田:はじめて褒められた。

中村:褒められるの苦手よね。

花田:バンコバルいいんじゃないですか。ツマミは地元の食材を使った一品料理。何枚かチケットで1500円とか。

木下部長:OK。

山口会頭:実行委員会がありますから、そこでOKをいただいてから。

中村:俺たち企画出しただけ。バンコバルに対して何かしなくていいの。

安藤:その企画をするのが、企画屋さんじゃないんですか。

山口会頭:仕事は、企画屋さんでしたよね。

みんな:ははっはっはっははっは。

中村:違う、違う。

花田:企画屋、何か出せよって。

ケン坊:そんな感じで。先生、後日。ご期待をしております。

中村:後日、発表をしましょう。コンセプト整理してどうやるか。老眼鏡投げとかしなくていいですか、ケン坊?

ケン坊:いったん、持ち帰らせていただいて。

みんな:ははっははっはっは。

八女,恵比寿酒店,須美礼,あかりとちゃっぽんぽん,八女商工会議所,山口隆一,八女福島,燈籠人形,

ケン坊:エレガンスなので。

中村:エレガンスな投げ方すればいいじゃん。

ケン坊:小指を立てて投げるとか。

花田:投げたら見えんけん、すぐ拾いに行かないけん。

ケン坊:少し見えてきましたね。スター、どうですか?

花田:ちょうどいい。

ケン坊:うすらぼんやり見えてきましたね。猿も連れて来て。

中村:猿と目が合って、戦う祭り。

山口会頭:そこに戻すんですか。話を。

花田:せっかく褒められたのに・・・・。