「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

【トマトもつ鍋】人気洋食店、葡萄家からご提供します

美味しいお話 お酒のお話

中洲中島の人気洋食店「葡萄家」です

トマトもつ鍋,葡萄家

人気洋食店「葡萄家 European dining」(福岡市博多区中洲中島町)が、冬場限定でお客さんに出していた「トマトもつ鍋」をヨンキュープラスだけのために、特別に用意してくれました。
葡萄家のトマトもつ鍋は、一味違います。店でも人気のトリッパ(牛の胃袋・ハチノス)のトマト煮込みがどっさりと入っています。これが、スープに抜群のうま味をもたらしてくれるんです。
「トリッパが入っているもつ鍋はよくあるんですけど、ほとんどが洗うなどの下処理しただけ。うちのは、臭み取りなどの下茹でに4時間、トマト煮込みに4時間と計8時間煮ています。スープに味が溶け込んでおいしさをプラスしてくれる上に、すごく柔らかく仕上がっているので、お子様でも食べやすいです」と、オーナーシェフの前原誠喜さんは説明します。
前原さんは西鉄グランドホテルなどでフレンチの修行をし、独立後に博多の冷泉公園前で開いた欧風屋台「菊屋」が大人気に。2013年に中洲中島町の那珂川沿いに、大人の隠れ家的な洋食の店「葡萄家」をオープンしました。
前原さんの作るトリッパのトマト煮込みは、確かに歯で噛み切れるほど柔らかく、トマトのうま味がギュッと口の中に広がります。そして、臭みがまったくありません。前原さんは「もつが苦手なお客さんも『おいしい』と驚きます。噛み切れるから、お子様でも食べられます」と胸を張ります。
トマトもつ鍋の出汁は、カツオ節と昆布で取った純和風のもの。「洋食のブイヨン出汁だとこってりし過ぎて量が食べられないんです。ある程度のさっぱり感がほしいので、出汁は和風にしています」と前原さん。「うちのトマトもつ鍋のうまさの秘密は、3種類の出汁の融合です。カツオ節・昆布の出汁、もつから出る出汁、そしてトマトなどの野菜から出る出汁の三重奏が、すばらしいハーモニーを奏でてくれるんです」

トマトもつ鍋,葡萄家

特別にセットをご用意

葡萄家の「トマトもつ鍋セット」は、「トリッパのトマト煮込み」と「シマチョウ(牛の小腸)」に、「カツオ節・昆布の和風出汁」が付いてきます。キャベツ、ニラといった野菜や豆腐などの具材は、各家庭のお好みで。前原さんは「フレッシュな桃太郎などの生食トマトをたっぷり入れてほしいですね。アサリとかの魚介を入れてもおいしい出汁が出ます。ブイヤベースみたいな感じですね」と話します。
辛味が欲しい人はトウガラシやタバスコをプラス。鍋の締めには、スープにご飯を入れ、とろけるチーズをふりかけてリゾット風にしても抜群です!パスタ麺をバキッと半分に折って投入し、グツグツと煮込んで「トマトスープパスタ」にするにも、おすすめとか。
「葡萄家は私1人で切り盛りしているので、トマトもつ鍋セットをご提供できるのは、ヨンキュープラスだけになります」と前原さん。ご家庭で人気洋食店の味を試せるチャンスです。さらに、トマトもつ鍋にしっかり寄り添うお酒「【比翼鶴酒造】純米吟醸 比翼鶴」をセットに。洋風なトマトもつ鍋に負けず、スープの味を引き立ててくれる日本酒。濃厚な味わいで知られる比翼鶴酒造(久留米市城島町)のお酒です。「純米吟醸 比翼鶴」は寿司屋が指名買いするほどの高レベルな吟醸酒です。

ぜひご賞味ください。恵比寿酒店の通販でご購入いただけます。

【葡萄家】トマトもつ鍋(4人前セット)&【比翼鶴酒造】比翼鶴 純米吟醸 720ml ご購入はこちらから

【葡萄家】トマトもつ鍋(8人前セット)&【比翼鶴酒造】比翼鶴 純米吟醸 720ml×2 ご購入はこちらから