「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

うまい幻の「川越」が手に入る!〜恵比寿酒店おすすめ

美味しいお話 商品紹介

49プラス,恵比寿酒店, おすすめ,芋焼酎,川越

人気の芋焼酎「川越」が恵比寿酒店に入荷!

昨年訪れた焼酎蔵で、もっとも気に入った芋焼酎が、宮崎県国富町の川越酒造場の「川越」だった。そんな話を49プラスでも書いた。

インターネットで検索しても、“幻の焼酎”の一覧に並んでいる。その「川越」がなんと、恵比寿酒店に入荷している。

「川越」は、福岡都市圏の人たちが飲んでうまい芋焼酎を目指して造られている。芋焼酎に、米焼酎を少しブレンドしているのがポイント。だから、芋臭さが苦手な人でも、飲みやすい。それでいて、焼酎好きにも、飲みごたえがある。強烈に芋臭くないんだけど、芋の蒸したような香りが心地よく、飲んだあとの甘〜い余韻もすばらしい。

49プラス,恵比寿酒店, おすすめ,芋焼酎,川越経営が傾いた蔵の起死回生の焼酎だった「川越」

なんで、福岡都市圏に受ける焼酎にしたかというと、川越酒造場の焼酎を気に入っていた福岡の酒屋仲間が、経営が傾いていた歴史ある蔵をどうにか存続してほしいと願ったからだ。どちらかというと、麦焼酎や日本酒などが好まれてきた福岡で、芋臭さを敬遠する人たちにも受ける焼酎をつくれば、売れるはず。そう考えた酒屋仲間が、川越側に提案した。

味も、5つぐらいのサンプルの中から、酒屋の店主らが決めた。ラベルのデザインも同様だ。

49プラス,恵比寿酒店, おすすめ,芋焼酎,川越ANA女性客室乗務員に芋焼酎「川越」が人気

「川越」は、芋焼酎が苦手だった福岡の人たちにも受けた。そして、東京でも受ける。まだ、関東圏では無名に近かった時代、ANA国際線ファーストクラスの焼酎に選ばれたのだ。女性客室乗務員たちが「川越」の採用を後押ししてくれたという。

実は「女性でも飲みやすい焼酎」というのも、川越のコンセプト。焼酎初心者でも、焼酎上級者でも、楽しめるお酒なのである。

川越酒造場の19代目で杜氏も務める川越雅博さんがおすすめする飲み方は、お湯割り。温めても、香りが飛ばず、味の芯がしっかり残っている。もちろん、暑い時期は水割りでもうまい。

芋焼酎「川越」を飲んでみたい方はこちらから。

↓↓↓

http://www.ebisu.ltd/shopdetail/000000000093/shochu/page1/order/