「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

須美礼と書いて、すみれだよ。紫芋の瑠璃色瓶。

美味しいお話 商品紹介

 

須美礼,すみれ,恵比寿酒店,紫芋,焼酎

糖質制限で芋ハイボール??

こんにちは。引き続き失礼します。近年、結構福岡あたりで居酒屋などに行くと、芋焼酎のハイボールを呑まれている方が多い気がします。その中で気になることが一つ。やっぱり黒麹のハイボールは、何かしら引っかかるものがあるのではないかな?と。
なので、今回どうしても白麹がいいかなと思っていました。

黒麹は、芋感が強く、重厚でキレがあります。黒霧島や黒伊佐錦など黒麹が主流なのです。
ですが、これは個人の主観かもしれませんが、ハイボールにすると若干喉にかかるものがあるかなと。なので白麹かなと。
黄麹も華やかでフルーティなんですけど、ただそれを水で割る、炭酸で割るとなると、その華やかな香りが飛んでしまうところがあり、白麹にしました。

白麹は穏やかな芋の香りです。

あっさりとした飲み口が特徴です。芋焼酎らしいハイボールが楽しめる手筈を整えてみました。この焼酎須美礼は、ロックで飲んでもらうより、お湯割りで飲んでもらうより、普段使いの水割り、炭酸割りで飲んで欲しいと思ってつくってみました。
ケン坊田中,焼酎,須美礼,恵比寿酒店,橋口洋和

なんで須美礼をつくったのか?

九州焼酎島ならびに博多日本酒吟醸香。

我々は焼酎と日本酒のメディアを持っています。それぞれ蔵元様には、普段よりご愛顧いただいております。深く感謝申し上げます。ただ現状、日本酒は市場規模共に拡大傾向にある一方、焼酎、特に鹿児島県の芋焼酎は売上が減少傾向にあります。その中で、何かしら力になれないものかと考え、この須美礼をつくるということになりました。

鹿児島の芋焼酎。売上も市場規模も縮小傾向にあるという事実があります。
このままでは、私が生まれ育った街の基幹産業である芋焼酎の担い手がいなくなるのでは?焼酎文化というものが衰退してしまうのでは?と勝手に考えました。なので、その売上・市場規模そして、鹿児島の芋焼酎というブランドを甦らせる如く、不死鳥をモチーフにしてみました。
業火を浴び、跳ねあがるその姿、飛翔していく姿をラベルに込めています。

須美礼,すみれ,恵比寿酒店,紫芋,焼酎

その名は須美礼。

今回は紫芋を使っています。
紫芋なので紫という文字を入れたかったのですが、まあ紫という文字を使われている銘柄が多いので、違う表現を考えていました。そんなとき思い出したのが、私が以前バーテンダーをしていた時代、すみれのリキュールが在ったことを。
その名は、パルフェ・タムール。ということで紫色をすみれで表現することとしました。ただひらがなのすみれだと日本酒のようなイメージになるかなとも思い、万葉仮名で表記しました。須美礼。万葉仮名で須美礼。

一升瓶で瑠璃色の焼酎はない?

ラベルは恵比寿酒店を運営しますエージェントプラスに所属する画家と書道家にて作成しました。芋焼酎らしくないデザインを心がけて、古墳時代の石畳に起因する市松模様にてラベルの質感を出してみました。
また、瓶は瑠璃色の一升瓶を使っています。おそらく現在、この瑠璃色を一升瓶で焼酎を入れて使っているものは、ないんじゃないかなと。瑠璃色とは濃い紫み鮮やかな青色です。
瑠璃という言葉は、本来インド古代の七宝で、ラピスラズリのことです。
ちなみにこのラピスラズリを粉末にしてできる青色顔料はウルトラマリンとなり、古代極めて高価な物として取引されていました。というくらい、瑠璃という色は、全世界において古くから愛されており、稀代の色味として、財とみなされていました。
是非、この一升瓶が飾られていくようなものになればと思い、奮発して瑠璃色の瓶を選択しました。

須美礼,すみれ,パルフェ,タムール,瑠璃,焼酎

ここまで味に触れていませんが。。

美味しいです。須美礼を手掛けるのは、さつま無双松元太。焼酎をつくり、さらに水割り・炭酸割り。そこまでを考えた焼酎つくりとなっています。
これまで幾度となく手がけてきたその焼酎つくりに。新たな一品として加えていただくことに成りました。ブレンデッドにはブレンデッドの形があります。その味、お楽しみください。

そして、収録日。スターこと花田伸二もケン坊田中も制作に関わるTNCの方々も。ゲストの皆様も。先行して販売させていただいた、喜家さんはじめ、多くの居酒屋でも評判が良いのです!特に芋焼酎はあんまり。。って言う人からこれはホントにハイボールで呑むと美味しいね。っていう声を多数いただいています!ということで、是非ご賞味くださいませ。

ご購入はこちらから。恵比寿酒店。

http://www.ebisu.ltd/

須美礼