「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

博多めでた屋

700種類という膨大な缶詰コレクションから選ぶ楽しさ!!

最近、わかったことがある。

私は、路地が好きなようだ。

中洲の人形小路とかは、歩いていてワクワクする。かっぽう着を着た女将さんが、「あら、シンさんお久しぶりね❤」なんて出迎えてくれそうな店構えが多いからだ。

人形小路が東の横綱なら、西の横綱は渡辺通りか。

 

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,路地裏

人形小路とちがい、こちらの魅力は“怪しさ”である。“ドアの向こうではどんなサービスが待ち受けているのやら”的な期待感が湧いてくる。

その渡辺通りも、最近は開けてきたようで残念至極だ。

今回は、今から8年ほど前「面白い店があるぞ」って、グルメ雑誌の編集部員に連れていかれた店である。その店がいまだ健在と聞きつけ、久しぶりにドアを開けた。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,外観

開けるなり、当時と変わらず!?いや、スケールアップしてモリモリと並んでいる缶詰の棚が、目に飛び込む。そう、ここは缶詰居酒屋だ。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,

全部で700種類がひしめいている。(全国一の品揃えかも)

今では福岡唯一ではなかろうか。(違ってたらごめんなさい)

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,店内

薄暗い怪しげなムード満点の店内は、カウンターとテーブル合わせて20席弱。通りの怪しさそのまんま。期待を裏切らない設えである。

 

令和になろうとも、昭和レトロな魅力は衰え知らず。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,ポスター

ケンさんの入れ墨姿に見とれつつ、選んだ缶詰は、カキとウィンナー、鯖カレー煮の3つ。食べたい缶詰を選んでマスターに渡すと、それを調理してくれるというシステムだ。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,天の橋立

「天の橋立カキ」の缶詰は、パッケージにこだわりを感じて選んだのだが、これが正解。この缶詰は、京都の職人集団が腕によりをかけて作った高級品だそうだ。

調理してでてきた一品をご覧あれ!

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,牡蠣

旨そうでしょ!

カキにレモンをジュって絞って、粒マスタードと合わせてパクリ。プリプリ感は残り、カキの風味は濃厚。BGMに流れる井上陽水の「東へ西へ」にドンピシャだ。これで1500円。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,ウィンナー

明治屋の「ウィンナーソーセージ」(調理済み:600円)は、新玉ねぎと一緒に。BGMは織田哲郎の「ボンバーガール」。これもなかなかのマッチングだ。

博多,天神,居酒屋,渡辺通,缶詰,昭和,レトロ,鯖のカレー煮

締めは「鯖カレー煮」。これは予想だにしない旨さである。目の前に座る、少し大げさな連れは大きめの声で「旨~い」と。確かに、缶詰と言われなければわからない本格派である。

中森明菜バージョンの「22歳の別れ」に感動しつつ、怪しげな夜はふけたのだった。

 

外観

  • この路地の雰囲気が大好物。
  • 8年ぶりにいざ入店。

内観

  • 意外にも店内はゆったり。
  • 健さんにシビれる。
  • 棚には缶詰がずらり。
  • さんまだけでこの品揃え。
  • たこやきなど変わり種も。
  • お馴染みのあの味が缶詰に。

料理

  • 缶詰とは思えないほど、洒落とる。
  • パクリ。
  • ウィンナーには新玉ねぎを組み合わせ。
  • 期待以上の旨さ。

メニュー

  • メニューはこちらの黒板でチェック。

その他

  • 缶詰をつまみに1杯。
  • パッケージにこだわりを感じる。
  • 今回食べたのはこの3つ。

博多めでた屋

TEL / 090-5932-8801

福岡市中央区渡辺通5-14-25

営業時間
19時~翌1時
定休日
日曜・祝日
駐車場
近隣に有料あり
店内喫煙
平均単価
夜2,000円
個室の有無
なし