「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

【久留米】焼鳥 かけだおれ

久留米,文化街,かけだおれ,ビッシュ,馬ホルモン

「花田伸二の居酒屋マンボッ」下関まんなおしについで、地方第二弾です!

このコーナーは温泉ソムリエで温泉専門ライターでもある花田伸二が、温泉以外で好きなジャンル居酒屋をめぐり、福岡の居酒屋のレベルの高さを全国に知らしめたいということではじまったのです。マンボッ。で、花田伸二が「お前も書け!」というもので、あたしも書きます!第2弾!地元の久留米文化街から。ずーっとある、かけだおれ。ですっ!

 

かけだおれ。ご存知ですか??此処は久留米文化街。

「どうなんだこのお店?」扉を開けるのに勇気がいるぜっ!というとこを狙ってみようかな?と思い、思い浮かんだのが、そうかけだおれ。

漢字で書いたら、掛倒れ。決して商売繁盛ではない。なのにかけだおれ。どうしてかけだおれなのか?そんなことは聞いてみたいが、そんなことを聞くまでもないこの店の雰囲気。とにかく食うて呑んで。マンボッっす。

 

久留米,文化街,かけだおれ,ビッシュ,馬ホルモン

 

「ビッシュいきます?」「何だビッシュ?」馬ホルモンの煮込みです。

かけだおれいうたら、ビッシュですばい。ビッシュいうたらかけだおれ。ビッシュがあるからこそかけだおれ。ビッシュで始まる夜がある。ナイスビッシュ。ビッシュマンボッっす。

 

いい味がしみて生姜もネギもいい感じの。このビッシュ。日本人でよかったなーって。感慨深く食べていると、驚きの一言が。

 

「ソース」をかけて食べても美味しいよ。

「ええっ??」そんなバカな。この旨味な感じが。いいのに。何という冒涜。いいの?それ許されるの?でもいいんです。此処では掛けるのが常識なんです。流されましょ。常識的発想に。ということで、かけて食べると。うまいっ!うまいっす。ビッシュ。とどまることを知らないビッシュ。

 

久留米,文化街,ビッシュ,タン,かけだおれ

 

タンです。タンタンタタタンです。

塩加減。絶妙っす。焼き加減抜群です。このあと七味を振りかざしました。

 

久留米,文化街,ビッシュ,豚バラ,かけだおれ

 

焼き鳥屋なのに豚バラなん?という応酬話法。

豚バラです。焼鳥なのに豚バラ。鶏なのに豚なの?今までに1000回くらい聞かれた質問ですが、この日の本一、焼き鳥屋の激戦区それが久留米です。B級グルメのメッカともいわれます。わが町久留米。その久留米の常識で言えば、焼き鳥屋で一番最初に出てくるのは豚バラなんです。食べる方も豚バラの出来で判断します。このお店がいいのかわるいのか?てきな。そんな豚バラを食しまして。

 

久留米,文化街,かけだおれ,ビッシュ,ダルム

 

「ダルム」豚の腸なんだよ。豚の大腸です。いわゆるシロです。

ダルムはくさいな。っていう人がいます。多分臭みも含めてのダルムですよ。七味か一味か強めに振って、噛みしめる。うまいんだな。これが。ちなみに久留米はお医者さんの街でございます。お医者さんが医学用語で部位を名付けていったそうな。ダルムはドイツ語でございます。ダルム。これまたうまい。あ。焼鳥なのに。またしても豚。

 

久留米,文化街,かけだおれ,ビッシュ,イカ

最後は、イカ。烏賊っす。

焼鳥なのに。。イカ。まあ美味しいのです!そしてだいたい2000円いかないっす。一人で。パッと行ってチャッと食べて、グッと飲んで、サッと帰る。ナイスマンボッ。

外観

  • 外観です。入るのに勇気いるパターンです。

料理

  • ビッシュ。馬ホルモン煮です。
  • 鶏皮しお。
  • 砂ずりとソーセージ。
  • ダルム。豚の直腸。
  • 焼肉という名の串。

焼鳥 かけだおれ

TEL / 0942-34-8231

福岡県久留米市日吉町14−16

営業時間
18:00~22:00