「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

福岡県・秋月温泉「旅亭旅館 清流庵」

ゆけむり紀行
id374_01
平安絵巻を思わせる屏風絵と日本庭園を楽しむことができるお座敷
「風流」を辞書で引くと、「上品な趣があること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅」と書かれている。まさに今回紹介する秋月温泉「料亭旅館 清流庵」には、そんな表現がピッタリと当てはまる。 福岡唯一の小京都・秋月。全国の数ある小京都の中でも、景観や自然に京の趣が感じられる数少ない存在だ。秋には名所旧跡を紅葉が彩り、春には爛漫(らんまん)と咲き誇る桜並木が町を染める。風光明媚(めいび)な自然を背景にたつ、歴史を感じさせる和風建築の数々。どこを切り取っても絵になる町並みはプロアマを問わず、カメラマンたちの絶好の撮影スポットとなっている。 「清流庵」は、そんな城下町からは少し離れた場所にたたずんでいる。重厚な門をくぐると、そこはもう別天地。知らず知らず居住まいを正してしまう名旅館特有の空気が流れ、期待も高まる。ちょっとリッチな日帰り1万円コースでは、豪華な温泉付き客室もしくは広大な池を望むお座敷にて食事する。無類のコイ好きである私は迷わずお座敷を選んだが、その造りは私の予想をはるかに上回っていた。御殿のように広いお座敷には、その壁一面に平安絵巻を思わせる屏風(びょうぶ)絵。そしてもう一方の全面ガラス張りからは、広い池を擁する日本庭園を望む。こんな贅沢な空間を独り占めするなど、なかなかできる体験ではない。同行のカメラマンには悪いが、この感動、写真で伝わるとも思えない。ここに有田焼のみやびやかな器に盛られた料理が運ばれてくれば、気分はお殿様である。「清流庵」はもともと料亭であり、今でも「料亭旅館」を名乗るほど。料理がおいしくないわけがない。優雅な食事を堪能した後は、これまた日本情緒漂う温泉へ。あまり知られていないが、秋月には温泉が点在しており、どこもアルカリ性の美肌の湯、例にもれずこちらもpH9.7という柔らかな温泉だ。 もうすぐ紅葉の季節。秋月が、その本領を発揮する季節でもある。 <西スポ2013年10月16日(水)掲載「花田伸二のいい湯だな」より>
id374_02
日帰りプラン料理一例
id374_03
清流庵の正面入り口
  • 【日帰りプラン情報】
  • ●利用時間:11時~16時まで(左記時間内の4時間客室利用可能)
  • ●料金:1名様10,500円(会席料理含む)※平日限定
福岡県・秋月温泉「旅亭旅館 清流庵」

【住所】福岡県朝倉市秋月1058 【TEL】0946-25-0023 【HP】http://www.seiryuan.com/