「ヨンキュープラス」49歳以上のおじさんおばさんに正直なメディアをつくってみました。ご賞味ください。

宿選びや予約の段階から「旅」は始まっている。

旅館紹介 伝えたいこと

花田伸二,宿,最安値,予約サイト,ヨンキュープラス,人気順,口コミ

予約サイトの論理はこうだ!

旅館を予約するとき、今では「楽天トラベル」や「じゃらんネット」「エクスペディア」や「ブッキングドットコム」などの予約サイトからの経路を踏むことがを利用することが主流になって来た。

 

ということは、旅館側はそういうサイトへ登録しないと存在すら知られない可能性があるってことだ。そして、エリア検索で上位表示されるかどうかで予約の入り方も激変する。

誤っていけないのは、「上位表示の宿=いい宿」ではない。広告出稿や予約できる部屋数の量とか、実績数とか、諸々の予約サイト側の論理が働いているからだ。

表示項目でも「人気順」や「料金の安い順」などがあるが、料金は客観的なことなので正確だが、人気っていうのはこれまた眉唾で、その予約サイトでの予約数が人気の評価となっている。

 

しかしまぁ、サイト運営者側も莫大なコストをかけている以上は致し方あるまい。利用者側も便利だし、旅館側が宿泊プランを工夫してくれることでお得に泊まれるわけだから。

花田伸二,宿,最安値,予約サイト,ヨンキュープラス,人気順,口コミ

嬉しい予約の仕方を伝授

そこで、旅館側と利用者側、お互いが嬉しい予約の仕方を伝授しよう。まずは旅館の空き状況を予約サイトで調べる。次に口コミ点数を参考にする。気になる旅館の公式ホームページへ移動する。そこで詳細な情報を取得後、公式ホームページの「最安値」や「公式ホームページ限定特典」などから予約をすることである。ぶっちゃけ、旅館側としては予約サイトへ支払うマージンを自社のホームページからの予約者へ還元しているケースが多いのだ。

 

さらに連休や休前日の宿泊は、公式ホームページからの方が取りやすい。予約サイト内の客室の空き状況は、旅館側がサイト側へ客室を提供しているかどうかなので、本当の空き状況ではないのである。もっとも正確な空き状況は、公式ホームページである。自社の公式ホームページからの予約だと手数料がかからないから、埋まりやすい日は自社の公式ホームページにしか客室を提供していないのだ。

 

多少は面倒ではあるが、予約行為を楽しむことから「旅」は始まっているのである。